利用者視点でシステムを見直し ビジネスを止めないサイトを構築(後編)

小林 正宗(月刊ソリューションIT編集部) 2004年10月26日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オペレータによる監視をTopaz導入で自動化

 ASPは直ちに対応をした。ISP接続回線を増強したほか、ユーザーが体感するレスポンスを測定するため、協力会社にシステムの監視を依頼した。

 だが数カ月を経て、監視体制の問題点が浮かび上がってきた。協力会社による監視は、オペレータによる目視が中心の、いわば「人海戦術」だった。コストが高いうえ、正確なデータが入手できなかった。また、障害検知の間隔の短縮にも限界があった。これでは、仮に障害が起こっても、対応までに時間がかかっていた。当然、その間のビジネス損失は甚大になる。

 「エンドユーザーの目は、年々厳しくなっています。数年前までエンドユーザーは、クリックしてから3秒程度は待ってくれましたが、回線速度やPCスペックの向上により、現在は1秒程度まで縮まっています。ピーク時にレスポンスが悪化すると、クリック数が増えてアクセス件数は倍以上になるし、仮に障害が発生するとピーク以上のアクセスが押し寄せます」(青木氏)と話す。

 そこで、2003年夏に、アプリケーション監視を自動化するツールの導入検討を開始。2つのツールを比べた結果、最終的にマーキュリー・インタラクティブの「Topaz」を導入することになった。

 Topazを採用した理由について、ASPの基盤ソリューション部第一チームの斗()木裕樹氏は以下の3点を挙げる。

  1. SSLに対応
  2. セッション情報の保持が可能:他社製品は各画面単位での監視しかできなかったが、Topazは画面にまたがった監視やレスポンス測定が可能だった
  3. サーバーリソースの分析:サーバーリソースを取得する際、エージェントのインストールが不要なため、サーバー側の設定なしに詳細な分析が可能だった

 また同社では、以前からマーキュリー・インタラクティブのアプリケーション負荷テストツール「LoadRunner」を利用していた。「最も手間がかかる部分が監視スクリプトの作成です。ユーザーが体感するレスポンスを詳細に測ろうとする複雑化し、コンテンツ改修の頻度が高いほど運用負担が増えます。LoadRunnerでスクリプト作成のノウハウがあったので、短期間で作成できる目途が立ちました」(斗()木氏)と言う。

導入プロジェクトがわずか3週間でカットオーバー

 Topaz導入プロジェクトは、2003年7月にスタート。スクリプト作成期間が短く、既存システムへの変更がほとんどなかったことから、わずか3週間でカットオーバーできた。導入に際し、エンドユーザーが体感するレスポンスを測定するため、Topazの接続環境として新たにADSL回線を導入した。

 サーバーOSは、マイクロソフトの「Windows2000 Server SP3」をTopazサーバーに、「Windows2000 Professional SP3」をTopazエージェントに配した。DBは「Oracle8.1.7」だ。システム構成は図1のとおり。

図1 ANA SKY WEBシステム構成

 監視項目は、ANA SKY WEBのトップページや会員専用ページ、国際線・国内線トップ、運賃照会、運行状況など6項目だ。

 運用方式は、大きく「監視作業」と「分析作業」に分かれる(図2参照)。監視作業では、Topazがエラーを検知すると、自動で通知コマンドを実行し、システム管理サーバーにエラーを通知する。オペレーターがこのサーバーからエラーを検知すると、担当者に連絡して復旧作業へつなげる。一方の分析作業では、デイリーでレポートが自動生成され、担当者にメール送信される仕組みだ。

図2 Topaz運用方式

 Topazの導入効果は明らかだ。監視間隔を1分にまで短縮できたうえ、テキストチェック機能によりページ表示の不具合を自動検知可能となった。障害情報を一元管理するDBを設置したことで、障害時にサービスへの影響範囲や度合いも把握できる。

 最大の導入効果は、外部ネットワークを含めた監視ができる点だという。ANA SKY WEBは外部のCDNを利用している。従来CDNは監視対象外で、障害時の状況を把握しづらかった。Topazの導入により、CDNを経由してWebサーバーにアクセスする経路と、直接Webサーバーへアクセスする経路の2つのルートから監視を実行。障害が起こると、この結果を比較することで、原因がASP側で管理しているサーバー側にあるのか、それともCDN側にあるのかを切り分けて把握できるようになった。

 実際、2004年5月に、CDNサービスで障害が起こった際、ANAのHPが一時的に閲覧できなくなった。ASPはTopazの監視状況から、障害原因がCDNだと瞬時に切り分けることができたという。

 「HPのユーザビリティについても、常にエンドユーザーの視点で捉えなければなりません。使いやすさを提供することが、今後は他社との差別化のポイントになってきます」(青木氏)という。今後は、Topazの監視対象を、ANA SKY WEBから、ANAグループ会社が運営するツアー販売やインターネットショッピングに拡大していく方針だ。

※「木へん」に「斗」で「ななめ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化