パワードコムが信頼性の高い広域イーサなどサービスを拡充

日川佳三 2005年03月17日 17時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電力系通信事業者大手のパワードコムは2005年度、通信回線サービスを中核に据えた法人顧客向けの各種サービスを提供する。現状も、要件定義から設計、構築、保守運用まで一貫したサービスを提供しているが、今後は新規の通信サービスを展開するとともに、より細分化したコンサルティングメニューを用意し、顧客が利用しやすいサービスにする。

パワードコム 専務執行役員 エンタープライズ・セールスカンパニー プレジデントの野呂良材氏

 2005年度の戦術の大枠として、専務執行役員エンタープライズ・セールスカンパニープレジデントの野呂良材氏は「企業情報通信ネットワークのユーティリティ化」を掲げる。すなわち、料金や性能、品質の透明化を図り、水道や電気、ガスなどのように必要な分だけを簡単に使えるインフラを目指すというわけだ。すでにコモディティと化した純粋な通信回線サービスの利用料金ではなく、通信回線を使いやすくするサービスで付加価値を出す。

 2005年度以降の目立った新サービスの概要は以下の通り。通信サービス全体の問い合わせ窓口の機能を提供する「Unify」、アクセス回線を2重化する「Powered Ethernet type D」、信頼性の高い広域イーサネット接続サービス「次世代専用線」などを予定している。いずれも料金体系は未定である。

 2005年7月に提供する予定のUnifyは、通信回線にまつわる諸手続きの総合窓口となるアウトソーシングサービスである。企業の情報システム部門はUnifyに対して障害を報告するだけで、Unifyが各通信事業者への対応や請求書発行などの面倒な手続きを代行する。従来も、SIベンダーやシステム受注機能を持つ大手通信事業者が個別案件ベースで提供してきたが、今回メニュー化することで利用しやすくした。

 また、2005年8月に提供する予定のPowered Ethernet type Dは、広域イーサネット接続サービスの新メニューであり、通信回線を2重化して可用性を高める。通信機器の故障が原因で起こるネットワークの切断時間を、回線と機器の2重化によって可能な限り短くするのが狙い。99.999%の稼働率(1年間で5分の停止時間)を99.9999%(1年間で30秒の停止時間)に高める。

 次世代専用線は、専用線のユーザーが広域イーサネットに移行するためのパスとなる通信回線サービスで、2006年度中に提供を予定している。名称こそ専用線だが、実態は信頼性に留意した広域イーサネット接続サービスである。距離に応じて課金されるという専用線のデメリットを回避しつつ、専用線のメリットである信頼性の高さを保証するという位置付けだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化