MS、新しいパッチテストプログラムを発表--顧客やパートナーと協力

Robert Lemos(CNET News.com) 2005年01月14日 15時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは今週、リリース前の月例パッチを入念にテストするため、ソフトウェアテスト要員を募集していると発表した。

 Microsoftは「Security Update Validation Program」の下、企業顧客やコンサルタントにパッチソフトウェアのテストを行ってもらう計画だ。テストにはMicrosoftから依頼を受けた者だけが参加できる。MicrosoftのSecurity Response Centerでディレクターを務めるDebby Fry Wilsonは、同プログラムについて、たくさんの人に参加してもらうつもりはないと述べる。

 「このプログラムは非常に厳しく管理される」とWilsonはいう。「われわれは、守秘義務を厳守してくれると確信できる取引先だけに参加を呼びかけている」(Wilson)

 Microsoftは、パッチのリリース手順や製品のセキュリティを改善するための取り組みを行っており、今回発表されたプログラムもそうした取り組みのうちの1つ。同社はこのプログラムを約1年かけて開発した。Microsoftは先週スパイウェア対策ソフトのベータ版をリリースしたほか、今週に入ってからは、月例のセキュリティパッチとともに、ワームやウイルスなどをユーザーPCのハードウェアから削除するためのツールを公開している。

 テスト参加者の大半は、Microsoftの顧客またはパートナーである大手企業となる。参加者には、非常に厳しいガイドラインに従うことが求められるとWilsonはいう。参加者は、Microsoftと機密保持契約を結び、このプログラムのために相当の工数を割くことを約束しなければならない。

 「参加者には非常に大きな責任が課される」とWilsonはいう。「参加を辞退した顧客もいる」(Wilson)

 このプログラムは大抵の顧客にとって参加するだけの価値がないだろうと、Wilsonは付け加えた。とはいえ、参加企業は一般公開される前にパッチをシステムに適用でき、問題を他社よりも早く修正することが可能になる。Wilsonは、このプログラムへの参加者数については言及しなかった。

 Wilsonによると、同社では、この取り組みがパッチの信頼性向上だけでなく、パッチが公開されるまでの時間短縮にもつながるものと期待しているという。

 「これは、品質の向上のみならず、開発スピードの短縮を目指すためのプログラムだ」Wilsonは述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化