インターウォーブン、コンテンツ管理製品新バージョンは「全文検索が可能」

藤本京子(CNET Japan編集部) 2005年02月18日 18時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターウォーブン・ジャパンは2月18日、ウェブコンテンツ管理サーバ製品の最新版「Interwoven TeamSite 6.5日本語版」を発表した。同日より販売開始し、3月末より出荷する。

 TeamSiteは、コンテンツ作成からコラボレーション、コンテンツ管理までを包括的に行うことができるもの。複数のサイトを一元管理することも可能で、「グローバル展開する企業が、複数地域で同一のブランドやデザインなど一貫性のあるウェブサイトを構築することができる」と、インターウォーブン アジア太平洋担当副社長のジェームス・マレー氏は述べた。日本における同社の顧客は、NECやキヤノン販売、ヤマハ、コニカミノルタホールディングスなどをはじめ、現在60社以上あるという。

インターウォーブン アジア太平洋担当副社長 ジェームス・マレー氏

 TeamSiteと他社のコンテンツ管理製品との違いについて、同社 営業部 シニア・セールスエンジニアの渡邊紳二氏は、「コンテンツのバージョン管理機能では、他社製品のように個々のコンテンツやファイルの管理のみならず、サイト全体のバージョンを管理できるため、直前のバージョンに戻したり、1年前のバージョンと比較することも可能だ」と説明する。また、同社製品はコンテンツの取り込み方法にリレーショナルデータベース(RDB)を必要としないため、「RDBを使った他社製品よりも、コンテンツの移行が容易となる。既存のコンテンツを多く抱えている大企業がわれわれの製品を採用するケースが多いのはそのためだ」(渡邊氏)としている。

 TeamSite 6.5の大きな機能強化点としては、検索機能が挙げられる。前バージョンでは全文検索はできなかったが、ポータルサイトの基盤ソフトウェアを提供する米Verityの検索機能「Verity K2」を採用したことにより、非構造化コンテンツに対するフルテキスト検索や、ファイル拡張子による検索(doc、html、pdfなど)、メタデータおよびファイルプロパティを元にした構造化コンテンツに対するパラメトリック検索が可能になったという。

 インターウォーブンでは2005年の戦略として、TeamSite 6.5を中心に、ブランド力を重視する一般消費者向けの製品やサービスを扱う製造業をはじめ、銀行、証券業界に対して重点的にアプローチしていくかまえだ。また、パートナーとの連携を一層強化し、TeamSiteとパートナーの持つソリューションを融合させたソリューション販売にも注力する。これにより、TeamSiteの新規顧客を20社以上獲得したいとしている。

 Interwoven TeamSite 6.5日本語版は、パートナーを通じての販売となる。販売価格は、おおよそ800万円からとなる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化