IBM、仮想化ソフトウェアのソースコードを公開

Stephan Shankland(CNET News.com) 2005年02月28日 17時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMが、1台のコンピュータで同時に複数のオペレーティングシステムを動かせるようにする仮想化ソフトウェアのソースコードを密かに公開した。

 だが、この影響で、仮想化ソフトウェアを提供するIBMのライバル企業が淘汰される可能性は低いだろう。

 IBMが、「Research Hypervisor」(rHype)のソースコードを自社ウェブサイトで公開した。これにより、誰もが、この分野におけるIBMのアプローチを研究できるようになった。rHypeの特徴として、さまざまな種類のプロセッサに対応している点が挙げられる。rHypeは、IBMのPowerファミリーや、IntelのXeonなどのx86系プロセッサ、さらにはIBM/ソニー/東芝が共同開発したCellなどにも対応している。

 rHypeは、MicrosoftのVirtual ServerおよびEMCのVMwareという市販の2製品のほか、オープンソースのXenソフトウェアと競合する可能性がある。

 しかし、rHypeの特徴やIBMのこれまでの行動を考えると、rHypeはXenの役に立つことはあっても、障害になることはないと思われる。特にrHypeは、Xenを現行のx86系プロセッサだけでなく、IBMのPowerプロセッサにも対応させるうえで役立つだろう。

 Xenプロジェクトのリーダーを務めるIan Prattは「われわれは、rHypeの開発者たちと時間をかけて話し合ってきた。rHypeがオープンソースとして公開されたことを受け、われわれもXenでのPower対応に向けて素晴らしいスタートを切れる」と語っている。

 rHypeとXenのいずれのパッケージにもGNU GPL (General Public License)が適用されているため、rHypeをXenに直接組み込むことが可能だとPrattは述べる。また、IBMのプログラマもXenプロジェクトに参加するなど、IBMも積極的な姿勢を見せている。

 Pund-IT ResearchのプリンシパルアナリストCharles Kingは、Xenを支援することはIBMにとって理にかなっていると述べる。

 「IBMがオープンソースや仮想化ソフトウェアに関心を寄せていることを考えると、これは当然の流れのように思える」(King)

 IBMは、仮想化ソフトウェアの分野では長い歴史をもつ。同社の仮想化ソフトウェアは数十年前からメインフレームをサポートし、その後、PowerベースのUnixサーバにもサポート範囲を広げている。だが、IBMはx86サーバに関しては、独自技術を市場に投入するのではなく、VMwareと提携する道を選んでいる。 

 IBMは、rHypeの大半の詳細についてはコメントを控えている。しかし、IBMで、IntelアーキテクチャのxSeriesサーバを担当するCTOのTom Bradicichは米国時間22日、IBMがrHypeを製品化する可能性は低いと述べた。

 「可能性がゼロとは言い切れないが、現時点では製品化を考えていない」(Bradicich)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化