東芝、携帯電話からPCを遠隔操作できるシステムを開発

永井美智子(CNET Japan編集部) 2005年01月18日 17時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は1月18日、携帯電話からPCを遠隔操作できるシステム「ユビキタスビューア」を開発したと発表した。これにより、PCに届いたメールを携帯電話で閲覧したり、PC内のファイルを変更したりすることが可能となる。3月までに製品化を目指すという。

 今回開発したシステムは、1)au向けのBREWアプリ、2)データの圧縮などを行うPC用ソフト、3)ユーザー認証を行うゲートウェイサーバ、4)PCを起動するサーバの4つからなる。データはすべてSSLによって暗号化され、携帯電話のサブスクライバID(携帯電話の端末ごとに割り付けられる固有ID)による認証と、ワンタイムパスワードによる認証が行われる。認証はゲートウェイサーバが行うため、インフラの増設やセキュリティポリシーを変更することなく、企業内のPCに社外からアクセスして操作できるという。

「ユビキタスビューア」の画面。PCと同じ画面を表示できる

 携帯電話をPCのように利用するものとしては、miniSDメモリーカードに保存したファイルを表示できるシャープのドキュメントビューアーや、PC用サイトが閲覧できるOperaなどのフルブラウザがあった。しかしこれらは「基本は見るだけであり、データの編集などはできなかった」と東芝 ソフトウェア技術センター 所長の青山光伸氏は指摘する。今回のシステムはPCを遠隔操作するため、ファイルの編集などが可能となる。

 東芝 ソフトウェア技術センター 技術開発第二担当 主査の清水伸夫氏によると、独自の圧縮処理技術を開発したことで今回のサービスが可能になったという。auの定額制では1日あたりの通信量に制限があり、「従来の圧縮技術では1日10分程度しか利用することができなかった」(清水氏)。新たに開発した技術ではデータを3%以下に圧縮できるようになったとのことだ。

 ウェブブラウザやマイクロソフトのWord、PowerPointなどほとんどのアプリケーションに対応する。ただし動画再生やサウンド再生には対応していない。

 東芝では大企業に対して今回のシステムを納入していく。また、KDDIと組んで月額課金の一般向けサービスを展開していく考えもあるという。

 BREWアプリを使うため、対応端末はauに限られる。CDMA 1x WINの定額制を前提としており、東芝製のW21Tなど、メモリ領域が3MB以上ある機種が対象となる。NTTドコモやボーダフォンへの対応も計画中としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化