ノキア、IPSecベースのVPN製品を発表

Marguerite Reardon(CNET News.com) 2005年01月14日 13時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Nokiaは、モバイルセキュリティ製品の品揃えを拡充した。新たに発表された製品のなかには、外回りの多い社員がいつでも社内ネットワークにアクセスできるようにするものもある。

 同社は米国時間11日、いくつかの新製品を発表したが、これらは企業ユーザーが離れた場所にある支店や携帯端末などから社内ネットワークへ安全にアクセスできるように設計されたもので、IPSec、トンネリング、暗号化の各技術を利用している。

 これらの製品は、VPN(Virtual Private Network)というセキュアな通信路を実現し、社外にいるユーザーが社内にいるのと変わらぬ状態で企業ネットワークをできるようにする。VPNを使えば、トラフィックの暗号化と専用通信路の確保が可能になるため、インターネットをまたいでデータをやりとりしても、その内容を覗かれるおそれがない。

 Nokiaはすでに、SSL(Secure Sockets Layer)ベースのVPN製品を提供している。SSLとは、標準的なWebブラウザ経由で企業ネットワークに安全にアクセスするための技術。SSLベースのVPNは柔軟性が高いものの、アクセス可能な情報の種類は限定されてしまう。IPSecベースのVPNが企業内のいかなるデータにもアクセスできる一方で、ほとんどのSSL VPN製品では、ウェブベースのコンテンツへのアクセスに限定されてしまう。

 NokiaのIPSec VPNの新製品群には、リモートオフィスの規模に応じた4種類の異なるIP VPNゲートウェイが含まれるほか、同社の携帯電話機や他の携帯端末向けのモバイルVPNクライアント、すべてのコンポーネントが正しく連携していることを確認するための管理ソフトウェアなどが含まれている。

 この新しいIPSecクライアントは、多くのスマートフォン(多機能型携帯電話機)の標準OSとなっているSymbianを搭載した携帯端末で利用可能だ。具体的には、Nokia 9500/9300/7650/6670/6630/6600/6620/6260/7610/3660/3650/9200などのSeries 60やSeries 80のプラットフォームを用いた携帯電話機やコミュニケータで利用可能となっている。

 今回発表になったゲートウェイ製品は、小規模から中規模までの支店を持つ企業に、より手ごろなVPNの選択肢を提供するために開発された。そのため、標準技術を用いたこれらの製品により、ノートPCやデスクトップPCなど、IPSecクライアントが動作するいかなる機器でも、ゲートウェイを介して企業の本社へと接続することが可能となる。

 これらの新製品は2月に販売となる見込みで、最低価格は395ドルとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化