オンラインゲーム利用者のアカウントを盗むトロイの木馬「LegMir-Y」が出現

David Becker(CNET News.com) 2005年03月27日 02時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティ専門家が、新しいウイルスが出現したと警告を発している。このウイルスは、世界最高峰の人気を誇るオンラインゲーム利用者の個人情報を盗むという。

 英国のセキュリティベンダーSophosが現地時間25日に発表したところによると、韓国やそのほかのアジア各国において、「LegMir-Y」と呼ばれるトロイの木馬ウイルスが、オンラインファンタジーゲーム「Lineage」の有料登録利用者のユーザー名やパスワードを盗み出そうとしているという。Lineageの有料登録利用者は、400万人を超えている。またこのウイルスは、感染したPCで稼働しているウイルス対策ソフトウェアを停止しようと試みる。

 アジア諸国では、Lineageを筆頭にオンラインゲームが大流行している。何百万という会員が月額15ドル〜20ドルを支払って、オンラインゲームに参加している。

 SophosのシニアテクノロジーコンサルタントGraham Cluleyによると、LegMir-Yは、ゲームプレイヤーの情報を集中的に狙うウイルスの最新種だという。

 「ラボの研究者にとって、破壊活動を行うだけでなく、コンピュータゲームプレイヤーの登録キーやパスワード、ゲームデータなどを盗むよう設計されたマルウェアは、今やすっかりおなじみのものとなった。仮想世界を存分に楽しみたいがために、犯罪に手を染めようとする人がいるとは、実に残念なことだ」と、Cluleyは報告書で述べている。

 同氏はさらに、「今後もオンラインゲーマー間のあつれきは、なくならないだろう。それに伴い、ほかのプレイヤーから情報を盗み出す悪質なコードは増えるものと予想される」と付け加えた。

 以前発見されたゲーム関連ウイルスには、「Randex」ワームの亜種などがある。このウイルスに感染したPCは「ゾンビマシン」と化し、ワーム製作者がオンラインゲーム「Outwar」でポイントを稼げるよう働き続ける。またLegMirの前のバージョンは、オンラインゲーム「Legends of Mir 2」ユーザーのパスワードやデータを盗もうとするものだった。

 SophosはMicrosoft Windowsユーザーに対し、ウイルス対策ソフトウェアをアップデートすること、また見知らぬファイルは開かないことを呼びかけている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化