トヨタ車のカーナビが携帯電話ウイルスに感染の疑い

Dan Ilett(ZDNet UK) 2005年01月27日 09時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイルス対策企業各社が、車載コンピュータにウイルスが感染したとする報告について調査を進めている。

 モスクワのKaspersky Labsは先週末に、Lexus LX470、LS430、およびLandcruiser 100が搭載する車載コンピュータに感染したウイルスを駆除する方法について問い合わせを受けた。同社の聞いた話では、携帯電話経由で感染した可能性が高いという。

 Bluetooth経由でSymbian OSベースの電話機に感染する携帯電話ウイルスは、CabirやSkullsなど複数がすでに存在する。Lexusには、Bluetoothで携帯電話に接続してハンズフリー通話を可能にするナビゲーションシステム搭載のモデルも多く、Kasperskyでは、Bluetooth経由でクルマのGPSナビゲーションシステムにウイルスが感染したのではないかと考えている。

 しかし、Lexusがナビゲーションシステムに採用しているOSの種類は明らかになっていない。同社にコメントを求めたが回答は得られなかった。

 Kaspersky Labsのウイルス対策調査主任Eugene Kasperskyは、「たとえば、FiatとMicrosoftの提携など、自動車メーカーが既存のOSを車載コンピュータに採用しているのは周知の事実だ。携帯端末への感染が怖いことだとしたら、車載コンピュータへの感染など想像もしたくない」と語った。

 Kasperskyのシニア技術コンサルタントDavid Emmは、ウイルスが携帯電話経由で車載コンピュータに感染することはあり得ると述べている。

 「確かに可能性はあるが、今の段階では理論上の話に過ぎない。問題は、(車載コンピュータが)Symbian OS(の動作するデバイス)から攻撃を受けたかどうかだ。携帯電話機があれば、そうした攻撃ができるようになると思う」(Emm)

 Kasperskyは現在もこの報告に関する調査を続けている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR