インテル、第4四半期決算--各分野で好業績

John G. Spooner(CNET News.com) 2005年01月12日 21時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間11日、サーバやノートPC向けプロセッサ、PC関連製品で記録的な売上を達成し、第4四半期の利益が予測を上回ったと発表した。

 同社は第4四半期(12月25日締め)の業績を発表し、21億2000万ドル(1株当たり33セント)の利益を計上したことを明らかにした。この数字は前年同期の21億7000万ドルと比べると2%低い。同社は12月に第4四半期の業績予測を上方修正していた。

 また同四半期の売上は前年の87億ドルより10%多い95億ドルだった。

 同社の通期における売上高は342億ドル、利益は75億ドルとなった。同社の前年の実績は、売上高301億ドル、利益は56億ドルだった。

 Thomson First Callがまとめたアナリストの予想平均値は、売上が94億ドルで1株当たりの利益が31セントだった。またIntelは12月に、93〜95億ドルの売上を計上するとの予測を示していた。

 PC用プロセッサや各種チップセット、マザーボードといった製品を手がけるIntel Architecture Business Groupが同四半期も売上拡大に大きく貢献した。モバイル用プロセッサやマザーボード、チップセットの同四半期における出荷数は、それまでの最高記録を更新した。一方でPC用プロセッサの販売平均価格は安定していた。

 同社のCommunications Groupは同四半期に営業損失を計上しているが、フラッシュメモリやWi-Fiモジュールの出荷数は順調に推移。また、同四半期中にフラッシュメモリの出荷数は拡大し、Wi-Fiモジュールの出荷数に至っては同社過去最高を記録したという。

 同社のPaul Otellini社長は、第4四半期および通期のチップ売上高が拡大したことについて、世界各地で見られた傾向だと述べた。アジア太平洋地域におけるプロセッサ出荷数は前年より27%増加。また中国とインドでの出荷数も前年と比べてそれぞれ26%、45%ずつ増加している。さらに中南米地域における出荷数は同社最高記録を更新した。

 一方、先進国市場では、米国における出荷数が第3四半期より13%増加している。これは、ノートPC用プロセッサの出荷数が増えたためで、欧州や中東地域での出荷数は、第3四半期と比べて21%増となった。日本での出荷数は、第4四半期および通期で過去最高記録を更新した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化