露セキュリティ対策会社、Windows XP SP2に欠陥発見と主張

Robert Lemos (CNET News.com) 2005年01月31日 11時14分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftのWindows XP Service Pack2に搭載されたセキュリティ対策機能を回避する方法を見つけた、とロシアのあるセキュリティベンダーが主張している。SP2はPCの安全確保を目指して投入された大規模アップデート版。

 「Data Execution Protection」と呼ばれるこの機能は、攻撃者が悪質なプログラムをPCのメモリに紛れ込ませ、これをWindowsに実行させるのを防ぐためのものだが、米国時間28日にPositive Technologies(本社:モスクワ)が発表した論文によると、同技術には実装に関連した小さな見落としが2カ所あり、知識の豊富なプログラマーであれば、これを回避できてしまうという。

 同社はこの問題を12月22日にMicrosoftに通知していた。しかし、今回同社はMicrosoftがこの欠陥を修正するパッチを用意するまで待たないことに決めたようだ。

 28日にMicrosoftとPositive Technologiesにコメントを求めたが、どちらからも回答は得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから