Bagleウイルスの新亜種登場--「ウイルスの季節」到来の前触れか

Matt Hines(CNET News.com) 2005年01月28日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複数のウイルス対策ベンダーからの報告によると、大量メール送付型ウイルス「Bagle」の新しい亜種が感染を拡大しているという。

 一部の専門家からは電子メールワームと呼ばれるBagleだが、その最新バージョンが、世界中で発見されており、米国時間27日午前までに中国、日本、そして米国や欧州の一部のウイルス対策ベンダーからウイルス発見の報告が出されている。

 トレンドマイクロはこの新しい亜種を「Bagle.AZ」と名付けている。同社によると、このウイルスは電子メールの配信を通知もしくは確認するための添付ファイルの形で送られてくるという。同社は、このウイルスが偽のメールアドレスを使い、受信者の知り合いから送られてきたメールのように見せかけているとしている。

 同社によると、このウイルスは27日、米国でビジネスがはじまる時間よりもかなり前に日本で最初に発見されたという。また、「Bagle.AY」と呼ばれ、Bagle.AZとほとんど見分けの付かないバージョンも、米国時間26日遅くから広がり始めたという。

 トレンドマイクロによると、このBagleの亜種は、コンピュータに感染すると利用可能なメールアドレスをすべて入手し、PCの共有フォルダ内に自らのコピーを複製し、感染したシステムを使って自らを別のコンピュータに次々と配信していくという。

 Symantecなどのウイルス対策ベンダーのなかには、Bagle系のウイルスを「Beagle」と呼ぶところもある。たとえば、Symantecでは同ウイルスの最新の亜種を「W32.Beagle.AZ@mm」としている。

 トレンドマイクロでは、このウイルスの発生時間が米国の就労時間外であったことから、比較的早めに食い止められた結果、これがターゲットにしたと思える大企業への影響は最小限に抑えられた、との考えを示している。企業サーバには一般に数千人分のメールアドレスが含まれていることから、電子メールを利用したウイルスの攻撃にとっては恰好のターゲットとなる。

 なお、同社はこの新ウイルスの脅威を中程度に分類している。

 同社のDavid Perry(国際啓蒙担当ディレクター)は、「このバージョンは増加するかもしれないが、今のところそのような兆候は見えない。現時点では広範囲に広がっておらず、また米国の就労時間中に攻撃してくるウイルスの方がダメージは格段に大きい」と語っている。

 しかし、Perryはウイルスの活動が一年のうちで最も活発化する時期--通常は3月から5月--が近づいているという事実も強調しだ。また同氏は、ここ数カ月間鳴りを潜めていたBagleが再び見つかったことについて、同ウイルスが初めて登場してから丸1年になろうとしていることと関係があるのではないか、としている。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化