サン、1CPU当たり1時間1ドルの「Sun Grid」を発表

Michael Kanellos (CNET News.com) 2005年02月02日 19時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サンタクララ発--Sun Microsystemsは米国時間1日、従量課金制のグリッドコンピューティングサービス「Sun Grid」の概要を明らかにした。電力公共事業の登場が電力の供給方法を変えたように、グリッドコンピューティングがコンピュータの世界を変えると同社の幹部は述べた。

 Sun Gridの利用料金は1CPU当たり1時間1ドル。同サービスを利用すると、ユーザーはSunが所有/管理するサーバやストレージシステムを使って、自社のコンピュータタスクを実行できる。

 ユーザーは実際には、複数のサーバやCPUのコンピューティングリソースを同時に利用する。Sunの最高業務責任者(COO)Jonathan Schwartzは、プロテインフォールディングの実験で得られたデータを図式化するデモを行った。処理はほんの数秒で終了したが、これにかかったコストは12ドルだった。実際は何百台ものマシンを使ってこの処理は実行されたが、この処理に費やされたCPUの処理能力を、1CPU当たりのパフォーマンスに換算すると12時間分の処理に相当する。

 「データセンターのスタッフや幹部に、新しいモデルへの移行を説得できるかどうかが問題だ」とSchwartzは述べた。同社はまず、金融/製薬/石油/ガスなどの業界にこのサービスを売り込む計画だ。

 Schwartzは、グリッドコンピューティングの発展を電力の発展になぞらえ、Jill Jonnesの著書『Empires of Light』に言及した。100年前、家庭に電気を敷くことができたのは一部の人だけで、お抱えの電気技師を雇う必要があった。その後インフラが増強され、規格統一が進んだこともあって、電気は一般に普及した。

 「世の中にはさまざまなグリッドが存在する。水のグリッド、電力のグリッド、そして私のお気に入りの下水道のグリッドもある」と同社CEOのScott McNealyは語った。

 Sunは、グリッド構築にかかった費用を明らかにしなかった。だが幹部らは、最終的には採算がとれると主張した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化