2004年の単体グラフィックチップ売上、首位はATI

John G Spooner (CNET News.com) 2005年01月31日 18時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2004年に単体のグラフィックチップを最も多くの売り上げた企業は、ATI Technologiesだった。

 ATIは米国時間27日に発表した声明のなかでMercury Researchの調査結果を引用し、2004年に出荷された単体グラフィックチップの半数以上が自社製のものだったと述べた。

 「ATIはすでにノートPC市場で大きなシェアを獲得していたが、2004年はデスクトップPC市場でも存在感を増すことができた」とMercury ResearchのプリンシパルアナリストDean McCarronは述べている。「その結果、ATI製品は世界に出荷された単体グラフィックチップの過半数を占めることができた」(McCarron)

 PCグラフィックチップは、チップセット内蔵のものと、単体のものと2つのカテゴリに大別される。市場全体を支配するのは、チップセットに内蔵する形でグラフィック機能を提供するIntelだ。McCarronによると、Intelは、グラフィック機能搭載のチップセットを非常に多く販売しており、2004年の出荷数は市場トップだったという。なお、ATIやNvidia、Via Technologies、Silicon Integrated Systemsなどのメーカーも、グラフィックチップを内蔵したチップセットを販売している。

 だがMercury Researchによると、単体のグラフィックチップとなると、ATIが最大の出荷台数を誇るという。デスクトップPCおよびノートPC向けの単体グラフィックチップは、直接マザーボード上に搭載されるか、グラフィックカードの上に搭載される。この市場では、ATIやNvidiaのほか、XGI Technologyなどの企業が競争している。Intelは単体グラフィックチップを提供していない。

 McCarronによると、ATIは2004年に、Nvidiaよりわずかながら多くの単体グラフィックチップを出荷したという。2003年に最も多く単体グラフィックチップを出荷したのは、Nvidiaだった。なお、同氏は正確な数値については言及を避けた。

 McCarronによると、ATIとNvidiaの2004年における出荷数には、さほど大きな開きはなかったという。しかし、同氏は、ATIのデスクトップPC用グラフィックチップの販売は特に好調で、目を見張るものがあったと述べる。

 Mercury Researchの調査レポートに詳しい情報筋によると、グラフィックチップ市場全体で第4四半期に最も多くの出荷数を誇ったのはIntelで、同社は市場シェア40%を獲得したという。

 また、同情報筋によると、第4四半期に出荷数第2位の座を獲得したのはATI(市場シェア27%)で、第3位はNvidia(同18%)だったという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化