OSDL、Linuxクラスタの普及促進へ

Stephan Shankland(CNET News.com) 2005年01月28日 17時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界の大手コンピュータ企業らの後援を受けるLinuxコンソーシアムのOpen Source Development Labs(OSDL)が、「Clusters Special Interest Group」という新しいグループを設立した。同グループは、複数のLinuxマシンを接続して構築されたスーパーコンピュータの利用を促進したい考えだ。

 同グループの目的の1つは、Linuxの心臓部であるカーネルに加えるべき新機能を決定し、開発者がプログラミングを行う際の手間を削減することにあると、OSDLの開発者John Cherryは今月、メーリングリストの中で語っている。OSDLやSun Microsystems、Nortel Networks、Intel、NovellのSuSe Linux部門の代表者が、新グループの最初の電話会議に参加した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR