IBM、Power 5プロセッサをローエンドのUnixサーバに

Stephen Shankland (CNET News.com) 2005年02月09日 21時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間2月8日、これまでで最も低価格のUnixサーバとなるp5-510を発表した。同サーバには新しいPower5プロセッサが採用されている。

 IBMによると、この新しいサーバはプロセッサコアを1ないし2個持つプロセッサを採用し、最大32Gバイトのメモリを搭載可能だという。価格については、1.5GHzで動作するシングルコアのチップに、1Gバイトのメモリ、デュアル構成のHDD、同社版UnixのAIXを搭載したモデルで4799ドルとなる。

 IBMはUnixサーバ市場で、長い間、1位のSun Microsystemsと2位のHewlett-Packard(HP)の後塵を拝していたが、ここ数年は順位を上げてきている。IBMは、Sunが特に強みを発揮してきたローエンドの製品向けに、Powere 5プロセッサを設計した。

 Power 5プロセッサは複数のOSで動作可能だ。具体的には、IBM版UnixのAIX、Red HatやNovellが提供するLinux、そしてp5-510より強力なシステムではIBMのミッドレンジサーバ用OSのi5/OSにも対応する。さらに同社は、p5製品ラインに加え、Linuxのみ動作可能なOpenPowerというモデルも販売している。

 IBMは、Powerプロセッサをできるだけ多くの製品に搭載しようとしており、これらのサーバもその一部となる。Powerプロセッサはまた、ネットワーク機器や次世代ゲーム機、Appleのコンピュータなどにも採用されている。

 IBMは新サーバに2つの基本モデルを用意している。大企業向けの510は1.65GHzで動作するプロセッサを搭載しており、510 Expressのほうは1.50GHzのプロセッサとなる。

 シングルコアチップを搭載したモデルは2月18日発売で、デュアルコアモデルの発売は4月となる。シングルコアの1.5GHzチップ搭載モデルを除く全機種に、36Mバイトの高速キャッシュが搭載されると、IBMでは述べている。

 IBMのPower 5システムでは、複数のOSを同時に動かすことが可能だが、そのためにはバーチャライゼーション(仮想化)ソフトウェアを購入する必要がある。このソフトウェアの価格はp5-510の場合1プロセッサコアあたり590ドルで、年間110ドルのメンテナンス料が別途かかる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化