マイクロソフト、Windows Server 2003 SP1のRC2をリリース

Ina Fried (CNET News.com) 2005年02月09日 18時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8日、「Windows Server 2003 Service Pack 1(SP1)」の2度目の製品候補版「Windows Server 2003 SP1 Release Candidate 2(RC2)」をリリースしたことを明らかにした。また同時に、64ビットプロセッサに対応したデスクトップ版Windowsの製品候補版もリリースされている。Windows Server 2003 SP1は、「Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition」および「Windows XP Professional x64 Edition」のベースにもなっている。3製品とも、6月末までにリリースされる予定だ。これら製品の最初のリリース候補版は昨年12月に公開されている。

 この製品を一番心待ちにしているのは、Advanced Micro Devices(AMD)だろう。AMDが2003年に発表した64ビットプロセッサである「Opteron」および「Athlon 64」のサポートがようやく始まるからだ。MicrosoftはIntelのItaniumをサポートする64ビット版Windowsをすでに提供しているが、「x64」対応Windowsは登場が待たれていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR