インテルが企業向けCPU戦略を発表 64ビット環境への移行を促進

奥隆朗(編集部) 2005年02月09日 17時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは2月9日、企業向けPC/サーバに搭載されるPentium4/Xeon両プロセッサの戦略発表会を行った。同発表会で、同社のエンタープライズ&ネットワークソリューション本部 プラットフォーム&ソリューションズマーケティング統括部長の平野浩介氏は、「企業向けPC/サーバに搭載されるプロセッサは、性能のほかに信頼性の向上を含めて、エンドユーザーの声を反映できる体制が整った」と説明。

インテル エンタープライズ&ネットワークソリューション本部 プラットフォーム&ソリューションズマーケティング統括部長 平野浩介氏

 また、ハードを変更してもドライバなどソフトの更新を必要とせず、管理機能に優れた「ステートフルプラットフォーム」などが高い評価を受けていることを解説。インテル自身もこうした声を反映して、プロセッサやチップセット単体ではなく、PC/サーバメーカーと協力しながら、トータルなプラットフォームをベースに開発を進めていくことを強調した。

 マーケティング本部 IAクライアント プロダクトマーケティング デスクトップ プロダクトマーケティングの荒木義満氏は、具体的な製品について解説。デスクトップPC向けの「Pentium4 6xx」を90日以内に出荷することをアナウンスした。

 「Pentium4 6xx」は、2次キャッシュが従来の2倍である2MBまで拡張されたほか、負荷に合わせてプロセッサの処理能力を調節し省電力・低発熱を実現する「拡張版 Intel Speed Step(EIST)」、64ビットプログラムを実行するための「EM64T(Extended Memory 64 Technology)」などを搭載するのが特徴だ。

インテル マーケティング本部 IAクライアント プロダクトマーケティング デスクトップ プロダクトマーケティング 荒木義満氏

 一方、サーバ/ワークステーション向けの「64ビット インテル Xeonプロセッサ」は、従来から「EM64T」と「EIST」を搭載している。次期出荷製品は、新たに「Pentium4 6xx」と同様2次キャッシュを2MBに拡張する。この結果、従来の「64ビット インテル Xeonプロセッサ」と比較して、同周波数の場合でも高い性能を発揮できるという。なお、インテルでは、2005年後半にはデュアルコアを搭載したプロセッサをデスクトップ/サーバの両製品で投入する予定。

 最後に同社は「64ビット インテル Xeonプロセッサ」と完全な64ビットプロセッサである「Itanium 2」との棲み分けについても説明。「Itanium 2」は、メインフレームやRISC系プロセッサを使用したエンタープライズ系システムの置き換えを、それ以下のものを「64ビット インテル Xeonプロセッサ」で狙っていくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化