日本ベリサインの取引先情報を保存したPCが盗難に

早津優美(CNET Japan編集部) 2005年03月11日 23時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子証明書サービスなどを手がける日本ベリサインは3月11日、同社の取引先情報を保存したPCを3月4日に電車内で盗難されたと発表した。

 日本ベリサインの社員が電車内に持ち込んだPCが盗難されたもので、PC内には取引先の担当者916人分の氏名とメールアドレスが保存されていた。同社は警察に被害届を提出したが、現時点でPCは発見されていない。同社の発表文には、データに何らかの保護策を施しているとは書かれておらず、平文の状態でデータが保存されている可能性が高い。

 日本ベリサインでは、「従来より、個人情報等の情報管理につきましては、社内ルールの策定をはじめ、管理体制の強化に取組んでまいりましたが、このような事故が発生したことについて深く反省しております」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!