第10回 普遍的なことの発見がEAのポイントに

近藤 佳大(みずほ情報総研) 2005年06月10日 21時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EAの策定効果の一つに、「柔軟で変化に適応できる情報システムの実現」がある。その効果を最大限に発揮するためには、どのようなポイントに注目してEA活動を推進していけばよいのだろうか。

 EAはビジネスと情報システムの「設計図」を描き、それをもとに情報システム等の改善を進めていくものである。また、EAでは現状(As-Is)の設計図を描くだけでなく、将来に向けてどのような変化が必要かを明らかにしていくために理想像(To-Be)としての設計図を描く。そうすることで、ビジネスの変化が情報システムにどのような変化を求めるのか、情報システムに用いられるITの進歩がビジネスにどのような影響を与えるのかがこれまで以上に明確になる。そのため、EAは「柔軟で変化に適応できる情報システム」の構築に貢献すると考えられている。

 このように理想像(To-Be)を通して推進すべき変化(改善内容)を明らかにしていくことに加えて、低コストで変化に対応できる情報システムを実現していくためには、「変化しない普遍的なこと」を明らかにしていくことが重要である。それによって、情報システムを「長期的に変更することなく使い続けられる部分」と「環境変化にあわせて柔軟に改良を行っていく部分」に分けることができるからである。当然のことながら、「柔軟で変化に適応できる情報システム」は可能な限り低コストで実現していく必要がある。そのためには、「変化の必要性の小さい部分」をできるだけくくり出し、長期間使い続けることが重要となる。「変化の必要性の小さい部分」が情報システムに占める割合が大きければ大きいほど情報システムの維持・改良にかかるコストは少なくてすむ。逆に切り分けが明確になされていない場合、たとえ柔軟な情報システムであったとしても改良には多大なコストがかかっていくことになる。また、短期間での情報システムへの機能追加も難しくなる。

 EAにおいては、この「変化しない普遍的なこと」を明確化する取り組みを、データアーキテクチャにおいて実施していく選択肢と、アプリケーションアーキテクチャにおいて実施していく選択肢がある。前者は、EAという最新の包括的アプローチのなかで80年代に生まれたデータ中心アプローチという理想にあらためて取り組むものといえる。一方後者では、Webサービスなどの標準技術を用いることで、ソフトウェアの部品化(サービス化)に取り組んでいくことになろう。「変化の必要性の小さい部分」を再利用可能なソフトウェア部品として切り出すアプローチである。

 いずれの選択肢を選ぶにせよ、「変化しない普遍的なこと」を見出すことが、「柔軟で変化に適応できる情報システム」を低コストで実現するための最重要ポイントの一つといえる。

(みずほ情報総研 EAソリューションセンター 近藤 佳大)

※本稿は、みずほ情報総研が2005年3月1日に発表したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化