ケーブル事業者に対する回線共有の義務付けをめぐる争いがついに最高裁へ

Jim Hu (CNET News.com) 2005年03月28日 19時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米最高裁判所で米国時間29日、高速インターネットサービスの将来を巡り、相対する2つの思想が対峙する。この裁判は、米国ブロードバンド業界における競争のルールが設定される可能性があることから、全米で大きな注目を集めている。

 この裁判の争点は、電話会社と同様に、ブロードバンド接続サービスを提供するケーブル事業者も自社のケーブル回線を競合他社に開放しなくてはならないのか、あるいはケーブル事業者にはそのようなルールは適用されないのかという点だ。一見難解な問題だが、この問題は高速インターネットサービスが全米に普及する速度、各サービスで提供される機能、さらにサービス料金に大きな影響を与える。特に、ブロードバンドを利用する手段としてケーブル以外に選択肢がない地域に与える影響は甚大だ。

 同訴訟で争っているのは、米連邦通信委員会(FCC)と、カリフォルニア州サンタモニカに拠点を置くインターネットサービスプロバイダ(ISP)のBrand Xだ。

 Brand Xは、自社が顧客にブロードバンドサービスを提供できるよう、ケーブル回線の割安価格での貸し出しをケーブル企業に義務付ける判決が下されることを望んでいる。仮にケーブル企業にこのような方法でのケーブル回線の共同使用が義務付けられなければ、消費者はより高い料金を負担することになり、またサービスの選択肢の幅も狭まるとBrand Xは主張する。一方FCCは、電話業界で打ち出された(電話回線を共有する)ルールによって電話料金が上昇し、ブロードバンドの普及速度が減速したことを論拠として挙げようとしている。今後もケーブル企業を回線共有ルールの適用対象外とすることにより、投資が活発化し、長期的に見れば消費者の利益につながるとFCCは主張する。

 市場調査会社The Yankee GroupのアナリストPatrick Mahoneyは、「業界に強い規制をかけることがブロードバンドの発展に貢献するとは、FCCも考えていないのだろう」と語る。

 最高裁が正式な判断を下すのは初夏以降となるが、その判断はISP業界以外にも影響を与えることになりそうだ。ケーブル/電話会社は、高速インターネットサービスの提供の他に新たなブロードバンドの使い道を計画している。将来はブロードバンドを使って各世帯に、ハイビジョンテレビ放送、全国規模で通話可能なIP電話サービス、さらに未来のデジタルサービスが提供されることになる。そして、最高裁判決はこれら全てのサービスに影響を与えることになる。

 29日の意見陳述では、Brand Xなどの小規模ISPへの回線貸し出しをケーブル事業者に義務付けた場合の影響をめぐるBrand X、FCC双方の大きな見解の相違が浮き彫りになりそうだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化