OSDLのCEO:「SCO訴訟が実は役に立った」

Matt Loney(CNET News.com) 2005年03月11日 22時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Open Source Development Labs(OSDL)の最高責任者Stuart Cohenは、SCOによる悪名高いLinux訴訟について、Linux陣営にとっての大きな収穫もあったと述べた。

 OSDLの最高責任者Stuart Cohenは現地時間7日夜、ロンドンのクイーンメリー大学で講演を行い、SCO訴訟がもたらした遺産として、Linuxのソースコードが徹底的に精査されたことが挙げられると述べた。Cohenが率いるOSDLは、Linux界で最も影響力のある団体の1つだ。同団体には、Linus Torvaldsやリードカーネル管理者のAndrew Mortonも所属している。

 「Linuxのコードやたくさんのソフトウェアが徹底的に調べられたおかげで、コードには何のリスクも、問題もないことが証明された。SCOの訴訟問題は、あらゆるウェブサイト、新聞や雑誌をにぎわせた。訴訟の動向には、誰もが注意を払っていた。SCOが2003年から2004年にかけてエンドユーザーを訴えたことで、企業のCTOやCIOたちは慎重にならざるを得なかった」とCohenは述べ、「その結果、市場で何が起こったか。人々は、訴訟の決着がつくまで待とう、とは言わなかった。どちらかと言うと、(訴訟は)Linuxの普及促進に役立った。Linuxにとってこんなに良い話は過去にもなかった」と付け加えた。

 また講演のなかでCohenは、SCOの訴訟は「ほぼ終わりかけている」とも述べた。

 SCOは、IBMが同社との契約に違反して、Unixに使われていた技術をLinuxやUnix製品のAIXに移植したとして、2003年にIBMを訴えた。SCOはIBMに50億ドルの賠償金を要求している。

 SCOはRed HatとNovellに対しても訴訟を起こし、ライセンス料の支払いに応じなければ、Linuxを使用するユーザー企業へと訴訟の対象範囲を拡大すると脅迫した。

 IBMとSCOの間で争われている訴訟を担当する判事は先ごろ、SCOの主張を骨抜きにしようとするIBMの試みに異を唱えた。しかし、判事はSCOの主張を「理解できない」とも述べた。

 SCOは財政難に陥っている。同社は、売上が減少しているだけでなく、NASDAQ上場廃止の危機に直面している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化