BEAがメッセージ統合ミドルウェアを出荷

日川佳三 2005年03月11日 16時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは2005年7月にも、データアクセスの手続きであるメッセージを複数システム間で統合するミドルウェア「Project QuickSilver」を出荷する。価格は未定。既存システムのデータをSOA(サービス指向)に組み入れるのが狙い。3月10日と11日に開催したJava技術の展示会「Java Computing 2005 Spring」で参考出品した。

 Project QuickSilverは、データベースへのアクセスやメッセージキューイング、ウェブサービスなど、異機種が用いる多様なメッセージの中継拠点なるミドルウェアである。Project QuickSilverは言うならばプロキシである。アプリケーションが他システムのデータを利用する際、Project QuickSilverを窓口にすれば、Project QuickSilverがアプリケーションになりかわって代理アクセスする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから