「シリコンの時代は続く」:ゴードン・ムーアが予言

Michael Kanellos(CNET News.com) 2005年03月11日 13時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--コンピュータ業界の未来はカーボンナノチューブや他の新しい素材からチップをつくり出すことにあると考える人も多い。だが、Intel共同創業者のGordon Mooreが、シリコンチップに代わるものは簡単には見つからないとの予測を示した。

 「私はこれらの新素材がシリコンに取って代わるとの考えに懐疑的である」。Mooreは米国時間9日に報道陣に対してそう語った。同氏はまた人工知能やIntelの将来、シリコンバレーの創成期などについても話をした。「われわれはこれまでに合わせて2000億ドル程度の金額を研究開発に投資してきた」(Moore)

 Mooreは数年前に現役から退いているが、今後数カ月間は非常に注目を集める存在になるだろう。4月19日には、同氏がElectronics Magazineに寄稿した論文のなかでいわゆる「ムーアの法則」を発表してから40年になる。24カ月毎にチップに盛り込まれるトランジスタの数は倍増するというこの予想は、発表以来コンピュータ業界の基礎をなす原則となっており、より安く高速で強力なコンピュータや携帯電話を開発するための指針となってきた。

 Mooreは1965年に発表されたこの記事について、「あれは、その時までに起こったことを振り返ってみる機会になった」と述べ、「あの予測が特に正確だとは考えていなかった」と語った。

 同氏は最新の技術動向に関して細かいところまでは把握していないものの、新素材がシリコンに取って代わるとの考えに対する同氏の懐疑的な見方は現実に即したものだ。現在のマイクロプロセッサには数億個のトランジスタが含まれており、この数が10億個を超えるのも時間の問題である。その一方で、チップメーカーでは採算をとるために、こうした複雑なチップを何百万個も製造しなくてはならない、という事情を抱えている。しばらく前からナノチューブトランジスタの製造は可能になっているものの、大量生産の方法がいまだに示されていない、というのが現状だ。

 それでも、シリコンを使ったチップを生産し続けることにはやはり問題もある。チップの設計者は、トランジスタのサイズを縮小することで、何十年にもわたってチップに搭載できるトランジスタの数を増やし続けることが可能だった。しかし、現在一部のトランジスタ部品は、すでに原子数個分のサイズになっており、これ以上の極小化は不可能なところにまで達している。

 「原子でできた素材はどんなものにも根本的な限界がある」とMooreは述べ、この解決方法としてチップのサイズを大きくすることを提案し、さらにカーボンナノチューブも全く可能性がないわけではないと付け加えた。こうした素材は各トランジスタ間にある金属の接続部分の代わりに利用できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化