AMD、Opteronチップを組み込み機器用にも

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年03月09日 13時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発-- Advanced Micro Devices(AMD)は、組み込み機器用チップの新たな選択肢として、ハイエンドのOpteron製品を追加した。同社では、通信用サーバや医療用画像処理システムなどへの採用を期待してる。

 AMDはすでに、AlchemyやGeodeなどのローエンドチップを組み込みコンピューティング市場向けに販売している。今回同社は、サーバ向けに開発されたOpteronのうち、一部のモデルまたはそれに相当する代わりのモデルを、今後最低でも5年間は供給することにしたと、同社のIain Morris(パーソナルコネクティビティソリューションズグループ、シニアバイスプレジデント)は米国時間7日に述べた。同氏によると、組み込みシステムのメーカーでは同じ設計の製品を何年間も販売することが多いことから、こうした保証が必要になるという。

 AMDは、Opteronの採用が期待される分野として、ストレージシステム、セキュリティデバイス、通信用サーバ、無人軍事ロボット、医療用画像処理装置など、ハイエンドの組み込みコンピューティング製品を挙げている。

 「これらのシステムでは、設計とテストににかかる時間が(サーバよりも)長い。そのため、製品のライフサイクルも長くなる」と、Morrisは今週当地で開催されているEmbedded Systems Conferenceで行われた記者会見の席上で述べた。

 AMDのこの動きによって、同社とIntelとの長年にわたる戦いがさらに拡大することになる。またAMDは今後、組み込み用のx86チップを供給しているVia Technologiesと直接的に競合することも多くなるだろう。

 AMDの長期供給保証にあわせ、NvidiaやATI Technologies、LSI Logicなどの電子部品メーカーもこれに対応する保証を行う。

 AMD製品を採用している顧客には、自社のAdvanced Telecom Computing ArchitectureシステムにOpteronを使っているSun Microsystemsなどがある。

 この供給に関する方針が適用されるOpteron製品は、モデル852、モデル252、そしてモデル152の3種類。AMDは同じソフトウェアが走り、大きさや電気的な接続、消費電力が同じモデルを供給するとしているだけで、全く同じモデルを5年間供給するわけではないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化