オラクル、SAPの買収に横やり--Retekにカウンターオファー

Alorie Gilbert (CNET News.com) 2005年03月09日 12時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OracleがSAPによるソフトウェアメーカーRetek(本社:ミネソタ州ミネアポリス)の買収に横やりを入れた。同社は米国時間9日、1株あたり8ドル50セントというSAPの提示額に対し、9ドルを提示する計画であることを明らかにした。

 Oracleは100億ドルをつぎ込んだPeopleSoft買収を1月に完了したばかりだが、今回の動きについては、SAPに対する威嚇を意図したものであることを明確にしている。

 OracleのCEO、Larry Ellisonは8日付けの声明のなかで、「北米市場では、OracleのアプリケーションビジネスのほうがSAPよりも規模が大きい。われわれは首位の座を守るつもりだ」と述べた。

 Oracleは、これまでの2日間でRetek株を550万株を購入し、同社株のおよそ10%を確保している。

 SAPは先週、Retek株に対して1株あたり8ドル50セントを支払うことに同意しており、総額ではおよそ4億9600万ドルとなる。両社は、株主と監督機関の承認を経て4月上旬に買収を完了する見通しだとしている。

 Oracleは昨年、PeopleSoft買収に失敗したときの代替買収先としてRetekに目を付けた。このときの巨額の入札額もそうだが、OracleのRetekに対する提案は意表をつくもので、PeopleSoftによるJ.D. Edwards買収計画の発表時と同じく、ライバルの動きに対する牽制が主な目的となっている。

 Ellisonは、Retekの取締役会に宛てた書簡のなかで、Oracleの提案がSAPのそれより優れる理由を数多く挙げている。Oracleは、提示金額で上回ることに加え、Retekの長年のパートナーでもあるために既に両社の親交も深く、Retekの顧客の80%以上はOracleデータベースのユーザーでもあるという。また、技術的にも多数の類似点があるとEllisonは述べている。

 同氏はこの書簡のなかで、「最も重要な点は、われわれがJavaプログラミング言語と業界標準をベースに開発されたアプリケーションという未来のビジョンを共有していることだ。SAPとはそこが違う」と述べている。

 SAPの関係者にコメントを求めたが回答は得られなかった。

 Retekは小売業向けのソフトウェアを開発しており、昨年は売上高は1億7420万ドルで、社員数は525人。SAPは、Retekの製品を自社のビジネス管理プログラム製品に加えることできれば、このような技術に最近強い関心を寄せる小売業界に売り込みやすくなる、としていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化