AMD、デルの元幹部を取締役に--狙いはデルとの緊密な関係構築か

John G. Spooner (CNET News.com) 2005年02月08日 18時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)が米国時間7日、Dellの元幹部であるMort Topferを取締役会に迎え入れた。アナリストらは、AMDの今回の動きについて、Dellとの緊密な関係作りを狙ったものと見ている。

 Topferは10年もの間、Dellの経営にさまざまな立場で貢献してきた。同氏はDellの副会長を務めたことがあるほか、取締役にも就任している。また同氏は、Dellが大手PCメーカーへと成長するのを支えただけでなく、現行のDell経営陣の構成を作りあげた人物でもある。

 TopferはDell在籍中に、会長Michael Dellに多大な影響を与え、Rollinsの採用にも一役買ったといわれている。Topferは、この2人と共に経営幹部を務め、その後Dellの取締役に就任した。

 DellはTopferの功績をたたえ、工場に同氏の名を付けている。2004年にTopferが取締役再選を目指さない意向を示したことを受け、Rollinsがその後を継いだ。Rollinsは同年7月、CEOの座にも就いている。

 Topferは現在、テキサス州オースティンにある投資会社Castletop Capitalのマネージングディレクターを務めており、Dellの取締役会メンバーではない。だが、68歳のTopferはいまだにDellに強い影響力を持つといわれている。大手PCメーカーのうち、AMDのチップを採用していないのはDellだけだ。AMDにとって、Dellは大きなターゲットとなっている。

 Dellの幹部はこのところ、AMDに対して肯定的な見解を示している。例えばDellはAMDについて、PC用の64ビットプロセッサやデュアルコアプロセッサの開発という点で主導的立場にあると述べている。

 だが、DellがいつAMDのチップを採用するのかについては不明だ。Rollinsは、法人向けにサーバやストレージ、サービスを売り込むことに力を入れるDellでは、AMDのOpteronを搭載したサーバに大きな需要があるとは見ていないとの見解を示したこともある。

 AMDの広報担当は、Topferの人脈よりも、同氏のDellやMotorola、Castletopでの経験を評価して取締役会に迎え入れたと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化