ベライゾンがMCI買収を発表--総額67億ドル

Dawn Kawamoto (CNET News.com) 2005年02月15日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通信業界で大型合併が次々と行われるなか、今度はVerizon Communicationsが長距離通信事業者のMCIを67億ドルで買収することに合意したと発表した。

 Verizonは米国時間14日、48億ドルの株式と4億8800万ドルの現金でMCIを買収することを明らかにした。Verizonはさらに、1株あたり4ドル50セントの特別配当金(合計約15億ドル)も支払う。これを合わせると、MCIの買収総額は67億ドル以上になる。

 MCI買収の2週間前にも、SBC Communicationsが長距離通信事業者最大手のAT&Tを160億ドルで買収することを発表したばかりだった。SBCによるAT&T買収は通信業界の勢力図を一変させ、Verizon、BellSouth、Qwest Communications Internationalという残りの地域通信事業者3社が複数の市場で互いに競合することになった。

 長距離通信事業者の大手2社が立て続けに買収されたことからも、通信業界が大きな変革時期を迎えていることが分かる。電話会社がケーブル事業者やIP電話サービスプロバイダといった新しいライバルとの競争に打ち勝つためには、従来の音声通話サービス以外にもサービスを用意する必要がある。

 通信業界の再編は、まず携帯通信市場で始まった。2004年10月に、Cingular WirelessがAT&T Wirelessの買収を完了し、米国最大の携帯通信事業者が誕生した。その後、12月にはSprintが350億ドルでNextel Communicationsを買収すると発表した。さらに2005年1月、地域通信事業者Alltelが、地域系の携帯通信事業者Western Wirelessを62億ドルで買収することを発表した。

 VerizonのCEO、Ivan Seidenbergはアナリストとの電話会議のなかで、同社が6カ月ほど前から買収の可能性についてMCIと交渉を進めてきたことを明らかにした。同氏はさらに、これまでに行われた4件の大型買収が市場に受け入れた様子を見て、MCIを買収するのに機が熟したと判断したことも付け加えた。

 「MCIは、残っているなかでも数少ない優良な買収先候補だった。Michael(MCIのCEO、Michael Capellasのこと)に声をかけずにはいられなかった。われわれにとって買収は当然の成り行きだった」(Seidenberg)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化