フィオリーナ元CEOの側近、アップルに「出戻り」

Ina Fried(CNET News.com) 2005年02月15日 15時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CNET News.comが入手した情報によると、HPではCarly Fiorinaの更迭を受け、マーケティング担当の上級幹部が同社を辞めApple Computerに移ることになったという。

 HPのマーケティング担当シニアバイスプレジデントだったAllison Johnsonは、Fiorinaが最も信頼を置く側近の1人だった。同氏は、Compaq Computerの買収に反対するHP株主との戦いのなかで広報作戦を指揮したほか、その後の「+HP = everything is possible」という広告キャンペーンでも手腕を発揮した。

 HPに詳しい関係者の話では、Johnsonの退社はFiorinaの更迭とは関係なく、同社取締役会がFiorinaに辞任を要求する前からすでに決定していたという。

 また別の情報筋によると、HPの取締役会や幹部らはJohnsonに対し、先週のCEO解任発表および今週の四半期決算発表が済むまで、同社にとどまるように要請したという。

 この件について、Johnsonのコメントは得られていない。

 JohnsonはHPを離れ、Apple Computerのマーケティング責任者のポストに就任する。JohnsonのAppleでの肩書きはワールドワイドコミュニケーション担当バイスプレジデントとなり、同氏は、CEOであるSteve Jobsの指揮下に入ると、Appleの関係者はNews.comに語った。

 Johnsonは、Appleが全世界で展開する広告活動や関連する取り組みに責任を負うことになる。Appleのイメージはこのところ上昇しており、先ごろ発表された企業ブランドに関する調査では同社が1位の座に輝いた。

 Johnsonには、かつてAppleで働いた経験がある。また1999年にHPに加わるまでは、IBMやNetscape Communicationsで働いた経歴を持つ。

 HPにおけるJohnsonは、Fiorinaの指揮下で、マーケティング以外の分野にまで影響力を広げていた。元の同僚の1人はJohnsonのことを「HPの首相」と表現したと、BusinessWeek記者のPeter Burrowsは、「Backfire: Carly Fiorina's High-Stakes Battle for the Soul of Hewlett-Packard」という自著のなかに記している。

 HPの最高マーケティング責任者Mike Winklerは米国時間14日午後にスタッフに電子メールを出し、しばらくの間はHPのコーポレートマーケティングチームを自分が指揮すると伝えた。同氏はまた、Johnsonの退社はFiorinaの辞任よりも前から決まっていたことを重ねて強調した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化