携帯電話ウイルス「CommWarrior」発見--危険度は「Cabir」よりも上

Matt Hines(CNET News.com) 2005年03月08日 10時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウイルス対策研究者が、携帯電話ウイルス「Cabir」より大きな脅威を及ぼす可能性のある新たなトロイの木馬について、調査を進めている。

 「CommWarrior」と名付けられたこの悪質なソフトは、Symbian OSが動作するNokiaの携帯電話端末「Series 60」を標的にしている。F-SecureやSimWorksなどのセキュリティ対策企業各社は、米国時間7日にこの脅威に関する報告を発表した。

 CommWarriorは、Bluetooth無線接続やマルチメディアメッセージサービス(MMS)経由によるメッセージ送信で感染拡大を試みるもので、Bluetoothしか利用しないCabirとはこの点が異なる。MMSは、画像や音声、映像なども送れる携帯端末向けテキストメッセージ送信技術で、EricssonやMotorola、そして今回標的となったNokia製の端末に組み込まれている。

 MMSを使えば世界中にテキストメッセージを送信できることから、CommWarriorは短距離間通信用のBluetoothを使うCabirよりも広い範囲に感染し、また広がる速度も速いだろうと、研究者らは指摘している。

 フィンランドのウイルス対策企業F-Secureでチーフリサーチオフィサーを務めるMiko Hypponenは、「Cabirが感染するスピードは、最高でも飛行機が飛ぶ速度くらいのものだった」と述べる。「だが、MMSをつかって広まるウイルスは、Bagle、MyDoom、Sobigといった電子メールワームと比肩し、数時間あれば世界中に広まってしまう。この点で、CommWarriorのほうがCabirよりもずっと危険だと言える」(Hypponen)

 Symbianの関係者は、同社がこの問題を認識しており、Nokiaやセキュリティパートナー各社とともに当該の脅威について調査中であるとした。Nokiaからは、コメントが得られていない。

 CommWarriorは、Nokia製携帯電話端末の電話帳ソフトウェアに感染する。そして、電話帳の中からランダムに送り先のアドレスを見つけだし、その相手に自らの複製を送りつける。どのような種類の無線機器やコンピュータにも送信可能だが、Symbian Series 60が搭載されていない機器には感染しない。また、トロイの木馬が起動するためには、受信者がそのメッセージを受諾し、CommWarriorをダウンロードしなければならない。

 CommWarriorは、20以上もの異なるメッセージを使い分けて、ユーザーにファイルを開かせようとする。このメッセージのなかには、Symbianからのソフトウェアアップデートに関する正規の連絡に見せかけたものや、ポルノ画像を含むものもある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化