バンク・オブ・アメリカ、推定120万件の顧客情報を紛失

Robert Lemos (CNET News.com) 2005年02月28日 19時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bank of Americaは米国時間25日、バックアップセンターへの配送中に政府職員の金融情報が記録されたバックアップテープを「何本か」紛失したことを明らかにした。

 紛失したテープには、連邦政府職員用に発行されたSmartPayカードのアカウント情報が含まれていた。一般調達局によると、SmartPayカードのユーザーは210万人以上、年間トランザクションは210億ドル以上にものぼるという。各種レポートの推計では、今回の情報流出の被害者数は120万人に達すると見られているという。

 同行は声明のなかで「テープの紛失が発覚すると同時に連邦捜査当局が出動し、Bank of Americaと連携しながら、本件の徹底した調査を進めている。いままでのところ、テープやその内容が、アクセスまたは不正使用された証拠は見つかっていない。テープを紛失したとしか言えない状況だ」と述べている。

 政府とのビジネスを模索する企業にアドバイスを行うAmtowerでパートナーを務めるMark Amtowerは、SmartPayの情報を紛失したことは、政府との契約更新を狙うBank of Americaにとって痛手になる可能性が高いと述べている。

 「(紛失したのは)非常に重要な情報だ。間違いなく、(Bank of Americaの)政府との契約更新に悪影響をもたらすだろう」(Amtower)

 Bank of Americaでは、テープに含まれていたアカウントを引き続き監視し、不審な取引を発見した場合には、カード保持者に連絡すると述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化