MS、「AntiSpyware Beta」でトラブル発生のユーザーに5ドル補てん

Stefanie Olsen (CNET News.com) 2005年02月28日 13時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftのスパイウェア対策ソフトによって、ハードディスクに保存されたデジタル写真や楽曲のコレクション、作業ファイルが削除されてしまうのではないかと、心配している人に朗報だ。

 最悪の事態が発生した場合にユーザーはMicrosoftから5ドルのキャッシュバックを受けられるようになった。5ドルあれば、iTunesで楽曲を5曲購入できる。

 AntiSpyware BetaのEnd-User License Agreement(EULA)には、同ツールが原因で被害が発生した場合、Microsoftは最大5ドルを払い戻すと書かれている。AntiSpyware Betaは、スパイウェアやアドウェアをはじめ、さまざまな「不要ソフト」からユーザーを守るために、Microsoftが無償提供しているソフトウェア。

 EULAには、「これは、Microsoftが被害の可能性を認識していた、もしくは認識しておくべきであった場合にも適用される」とアルファベットの大文字で目立つように書かれている。

 大半のユーザーは、ソフトウェアをPCにインストールする際、ライセンス契約の内容をよく読まずに、「イエス」とクリックしてしまう。だが、ライセンスをよく読むと、広告が配信されるか否かや、個人情報がどう利用されるかなど、明らかに必要な情報が書かれている。それでも、大半の人はこれを読み飛ばしてしまう。

 ライセンス契約の内容を読まない人があまりに多いため、スパイウェア対策企業のPC Pitstopは先ごろ、契約文に書かれたアドレスに電子メールを送信すればお金を支払うという内容の条項を契約文に盛り込んだ。同社のウェブサイトによると、合計3000件のダウンロードがあった4カ月後に、やっと1人のユーザーがこの企画を利用して1000ドルの小切手を手にしたという。

 ただ、MicrosoftのキャッシュバックはPC Pitstopとは内容が異なる。同社が補てんしてくれる金額は5ドルまでである。

 「MicrosoftやMicrosoft製品のサプライヤは、ユーザーが受けた被害に対して最大5ドルを補てんする。ただし、それによる派生的な損害や逸失利益、間接被害、付随的被害についてはこの限りではない」とEULAには書かれている。

 この件についてMicrosoftにコメントを求めたが回答は得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化