E・レイモンド辞任から20日あまり--OSIが2度目のトップ交代

Stephan Shankland(CNET News.com) 2005年03月07日 12時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Open Source Initiative(OSI)が、ここ1カ月で2度目となる会長の交代を行った。OSIは、共同プログラミングにおける理念を形成するうえで、より指導的な立場を確保しようとしている。

 Red Hatのオープンソース関連部門バイスプレジデントで、OSI理事会のメンバーでもあるMichael Tiemannが、Russell Nelsonに代わってOSIの臨時会長に就任した。ZDNetは、2日付けの「Between the Lines」ブログでこの情報を報道していたが、米国時間4日には、Red Hatと前OSI会長のRussell Nelsonがこの人事決定を正式に認めている。

 OSIは、さまざまなソフトウェアライセンスに対し、公的なオープンソース認証を与える機関。同機関は現在、ライセンスの数を減らすための取り組みを展開している。

 Nelsonは、OSIの共同設立者Eric Raymondの後任として2月1日に会長に就任した。しかし、2月23日にはTiemannがこれに取って代わることになった。なお、Red HatにおけるTiemannの役割は今後も変わらない。

 Nelsonはこの異動に関して、「Michael(Tiemann)の方が会長には適任だと、われわれは考えた」と述べるにとどまり、詳細についてはコメントを控えた。Nelsonは引き続き、OSIの理事会メンバーとして活動を続けるという。

 NelsonとTiemannは、OSI理事会に参画する企業の数を増やす予定だ。OSIでは理事会のメンバーを現行の5名から9名に拡大するつもりだと、Nelsonは明らかにしている。

 「取り組みの範囲を拡大するには、もっと多くの人材が必要だ」とNelsonは言う。OSIはまた、オープンソースソフトウェアに対して積極的なブラジルなどを含め、より多くの国からの参画を望んでいる。

 OSIは目下、オープンソースライセンスの急増に対処しようとしている。また、Nelsonによると、同団体は、あらゆるオープンソースライセンスの詳細を比較検討できるマトリクスの作成にも取り組んでいるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化