インテル、新年度は上々の滑り出し--第1四半期の業績予想を上方修正

John G. Spooner(CNET News.com) 2005年03月11日 13時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間10日、第1四半期の売上予測を事実上引き上げ、2005年は例年を上回る好調なスタートを切ったことを示した。

 Intelは同日行った四半期中間報告で、第1四半期の売上高が92億〜94億ドルに達する見通しであることを明らかにした。同社の1月時点の予想では、同四半期の売上高は88億〜94億ドルだった。

 金融アナリストらは一般に、Intelの予測範囲の中間点を取って同社の売上予測値としている。したがって、Intelの売上指標の中間点は91億から93億ドルに上がったことになる。Thomson First Callが31人のアナリストを対象に実施した事前調査では、Intelの売上予想平均値は91億5000万ドルだった。

 今回の見直しは、基本的にIntelが例年を上回る第1四半期決算を見込んでいることを示すものだ。同社によると、例年第1四半期の売上高は第4四半期の売上高よりも約5%低いという。第4四半期の年末商戦を終えると、PC、特にコンシューマー向け製品の売上が落ち着く傾向があり、Intelの主な収益源であるプロセッサの販売も減ることになる。

 Intelの新たな予想では、売上が第4四半期と比べて2〜4%減少することになるが、ただし前年同期比では14〜16%の増加になる。それでも、Intelが93億ドルの大台を達成すれば、第1四半期の売上は96億ドルを計上した第4四半期に比べて約3%の減少にとどまり、平均的な減少率である約5%を下回ることになる。

 Intelはさらに、同四半期の粗利率が55%±2ポイントという先の予測に対し、57%±1ポイント前後になる見込みであることも明らかにした。この予想の見直しは、近日中に稼働する65ナノメートルプロセスのチップ製造関連コストが予想を下回ったことに起因するという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化