体内にRFIDタグを埋め込んだ人物がイベントに出席、手術跡を披露

Michael Kanellos (CNET News.com) 2005年02月17日 12時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 多くの人々にとって、RFIDチップを人体に埋め込むことは作家George Orwellが「1984年」のなかで描いた世界そのものを意味するかもしれない。しかし、RFIDチップが埋め込まれた人の皮膚を実際に見ると、蚊に刺されたような跡しか残ってない。

 Virtual Corporationの幹部Joseph Krullは米国時間1月10日、VeriChipのRFIDタグを皮膚の下に埋め込む手術を受けた。手術した箇所を見ると、そこには、小さな赤い点のような傷しか残っていない。

 同氏は、サンフランシスコで開催中のRSA Security Conferenceに出席し、「ハチに刺されたような感じだった。局所麻酔をしてから注射を打っただけだ」と語った。

Joseph Krullの腕には蚊に刺されたような跡しか残ってない

 Krullは、医療目的でチップを自分の体内に埋め込んだ。同氏は2種類の薬に対するアレルギーがあるほか、左目の下にはスキー事故にあった際の処置として、小さな金属プレートが埋め込まれている。医者は緊急時に、チップにリーダーをかざすことによって、16桁のパスワードを入手できる。これを使ってウェブサイトにアクセスすれば、Krullの氏名、担当医、緊急連絡先などのさまざまな情報を入手できる。

 Krullにとって特に重要なのは、医師に金属プレートの存在を知らせることだ。Krullの左目はいつも開いたままの状態になっている。この情報がないと医師が誤診し、場合によっては頭蓋骨にドリルで穴を開け始めることにもなりかねないと同氏は語っている。

 大半の人々と同様に、VeriChipから無償でチップの提供を受けたKrullも、チップの概念については不安を感じることを認めている。友人や、同僚のセキュリティ専門家からも潜在的な危険性を警告されたという。

 それでも、セキュリティ上のリスクはコントロールできると同氏は語っている。例えば、同チップには1つの情報しか入っていない。ウェブサイトのパスワードの役割を果たす数字だけだ。そして、このウェブサイトにはユーザーがそこでの公開に同意した情報しかない。Krullの場合は重要な医療情報だ。

 もしほかの情報もチップに埋め込むと言われたら「真っ先に手を引くだろう」とKrullは語っている。

 このチップを読み取るには、チップの半径3インチ以内でしか反応しないリーダーが必要になる。

 「地下鉄のなかで、他人が情報を求めて忍び寄って来るとは心配していない」(Krull)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化