インテル:「15件のマルチコアプロジェクトが進行中」

Michael Kanellos(CNET News.com) 2005年03月01日 20時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Intelがものすごい勢いでデュアルコアチップの開発に取り組んでいる。

 同社では現在、サーバ、ノートPC、デスクトップ、ネットワーク機器向けに、あわせて15種類のマルチコアチップを開発していると、同社のSteve Smith(Digital Enterprise Groupバイスプレジデント)が、当地で開催中のIntel Developer Forumで行った講演のなかで明らかにした。

 デスクトップ市場向けのデュアルコアチップ「Smithfield」(開発コード名)は、第2四半期に登場する。これとほぼ同時期に、デュアルコアのItaniumチップ「Montecito」(開発コード名)も登場することになる。

 Smithfieldは、ゲームマニア向けのExtreme Edition Pentium 4チップとして市場に投入されるが、現在市場で出回っているシングルコアチップよりも遅い3.2GHzで動作し、800MHzのバスを搭載する。各コアにはそれぞれ1Mバイトのキャッシュが搭載されるが、これも既存のチップより少ない。Smithによると、Smithfieldは動作速度が遅く、キャッシュ容量も少ないが、コアが2つあることでパフォーマンスが向上するという。さらに、64ビットソフトウェアを動かせるSmithfieldは、現行のPentium 4 Extreme Editionチップと同じパッケージに収まるため、既存PCの設計をそのまま活かせるという。

 「1年前にこれだけの性能を手に入れようと思えば、デュアルコアのワークステーションを購入しなくてはならなかっただろう」(Smith)

 Intelは今年中に、ほぼすべての製品をデュアルコアに変更していく。同社によると、2006年には同社の販売するサーバチップの85%がデュアルコアになり、デスクトップやノートPC向けのチップも70%以上がマルチコア化するという。ただし、Intelでは引き続きシングルコアチップの製造も行っていく、とSmithは述べた。

 同社が最初に発売するマルチコアプロセッサは、コアの数が2つになるが、将来登場してくるチップは4つ以上のコアを持つようになる、とSmithは言う。さらに、サーバ向けの製品をはじめとして、多くのチップでは各コアが複数のスレッドを同時に処理できるようになることから、全体のパフォーマンスが向上することになる。Smithによると、マルチスレッド化やマルチコア化はゲームマニアにもアピールするはずだという。通常、スレッドやコアが増えるとコンピュータが一度に処理できる作業も増え、個々のアプリケーションの実行速度も大幅に向上するからだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化