AMD、仮想化技術「Pacifica」の詳細を明らかに

John G. Spooner(CNET News.com) 2005年03月31日 12時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)は、同社の新しい仮想化技術「Pacifica」の波にソフトウェア開発者がうまく乗ってくれることを願っている。

 AMDは米国時間30日、Pacificaに関する詳細の一部を明らかにした。Pacificaは、複数のオペレーティングシステムやアプリケーションを同時に実行するための技術。同社は、テキサス州オースチンで開催した「Reviewer's Day」でこの情報を公開した。Pacifica技術の完全な仕様は、4月に公開の予定。

 AMDは、Pacificaの詳細を発表することで、OpteronやAthlon 64チップへの調整を含めた、同技術周辺のソフトウェア開発が活発化することを期待している。AMDやIntelのチップを採用するx86サーバでは、複数のオペレーティングシステムをそれぞれ独立したパーティションのなかで動作させるのに、EMCのVMwareやMicrosoftのVirtual Server、オープンソースソフトウェアのXenなど、特別なソフトウェアが必要になる。そのため、AMDは自社のチップを手直しし、サーバとPCの両方でこれらの技術を利用できるようにしている。また、IntelでもVanderpool Technologyを使って同様の取り組みを進めている。

 「AMDでは、仮想化技術を扱う独立系ソフトウェアベンダーやアナリストに対して、先にPacificaを見せることで、彼らの意見を採り入れるというアプローチを選んだ」とAMDのMarty Seyer(マイクロプロセッサービジネスユニット、ゼネラルマネージャ)は声明のなかで述べている。「今回の発表を含め、現在続けているコラボレーションを通じて、ゆくゆくはhypervisorベースの仮想化ソリューションを実現するためのさらに豊かな機能セットとより高い性能モデルを『Pacifica』ユーザーに提供することになる」(Seyer)

 PacificaがAMDチップに採用され始めるのは2006年前半の予定。

 Pacifica技術は、サーバ用のOpteronとデスクトップやノートPC用のAthlon 64の両方に搭載されることになる。そのため、仮想化技術がすでに一般的になっているサーバだけでなく、コンシューマーおよびビジネス用デスクトップやノートでもPacificaが利用可能になるとAMDは述べている。

 また、AMDは将来、シングルコアチップとディアルコアチップの両方に機能を追加し、Pacificaを活用できるようにする計画もあると同社は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化