マイクロソフト、違法コピー対策プログラムの対象を拡大

Ina Fried(CNET News.com) 2005年03月31日 11時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 違法コピー対策プログラムを強化しているMicrosoftは、その一環として、各国版Windows用アドオンのダウンロードを希望する顧客に、使用中のオペレーティングシステム(OS)が正規版であることを先に証明するよう求めていく計画だ。

 Microsoftは今後数カ月の間に、全部で22種類ある「多言語ユーザーインターフェイスパック(Language Interface Packs)」のいずれかをダウンロードしようとするすべての顧客に、まず使用中のWindowsの認証手続きを求めることになる。

 MicrosoftでGenuine Windowsプログラムのディレクターを務めるDavid Lazarは、「これらは極めて有用なWindows用アドオンだ」と述べている。この言語パックは、Microsoftが完全版Windowsを提供していない言語でWindowsを使うためのオプション。

 さまざまなアドオンをダウンロードしようとするユーザーに、手元のWindowsが正規版であることの確認を求める同プログラムは、これまでにも何度か拡充が図られてきた。

 昨年始まったこの試験プログラムは、当初は全くの任意なもので、自分の使うOSをチェックして特にメリットはなく、また違法コピーであることが判明した場合にも罰則はなかった。だが、その後Microsoftはチェックを受けた正規版Windowsのユーザーに対する特典を徐々に追加し、違法コピーであることが判明したユーザーにはソフトウェアをダウンロードさせない、とする計画を発表した。

 Microsoftは、違法コピーにより膨大な被害を被っていることを明らかにしているが、具体的な被害額は明らかにしていない。同社が加盟するBSA(Business Software Alliance)では、業界全体で年間290億ドルの被害が出ているとしているが、この金額に疑問を投げ掛けるものもいる。

 Lazarは、言語パックはまだ比較的新しいもので、この計画がMicrosoftにとって一石二鳥--すなわち、違法コピーを取り締まりつつ、同時にWindowsが対応する言語の数を増やせるようになると指摘した。

 同社は今週まずベトナム語パックでこの確認手続きを義務づけ、その後は毎月4〜5種類の言語パックにこれを拡大していく予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化