NECがベクトル型スーパーコンピュータ2ノードをスズキに納入

日川佳三(編集部) 2005年04月01日 17時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは4月1日、自動車製造業のスズキにベクトル型スーパーコンピュータ「SX-8/8A」1ノードと「SX-6/8A」1ノードを納入したことを明らかにした。スズキは、CAE(Computer Aided Engineering)を用いた性能開発や衝突時のシミュレーション解析などに利用する。

 SX-8はNECが2004年10月に販売を始めたベクトル型スーパーコンピュータで、512ノードの最大構成時に65テラFLOPS(1秒当たり浮動小数点演算を65兆回)の性能を持つ。今回スズキに納入した構成は1ノード(128G FLOPS)で、1秒当たり1280億回の浮動小数点演算が可能である。もう1台のSX-6はSX-8の下位モデルであり、スズキは1ノード(64G FLOPS)の構成で利用する。

 ベクトル型とは、浮動小数点計算に特化した専用のプロセッサを用いるアーキテクチャであり、比較的高価だが性能が高いという特徴を持つ。一方、スーパーコンピュータの新潮流として出荷ラッシュが続くスカラー型は、汎用のプロセッサを多数用いるアーキテクチャであり、比較的安価になる。

 専用プロセッサを使うベクトル型は、汎用プロセッサを使うスカラー型よりも、プロセッサとメモリー間のデータ転送バンド幅を広く取れる。このため、気象現象を演算する「地球シミュレータ」のような、大容量のデータをノード全体で高速に処理する用途では、ベクトル型の優位が続くと見られている。

 スカラー型は、どちらかと言えば汎用のブレードサーバを用いたグリッドコンピューティングのイメージに近く、処理を分割して個々のノードに演算させ、処理の結果を集約するといった用途で価格性能比が高まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化