NTT-AT、RFカードとの併用が可能な指紋認証システムを発売

エースラッシュ 2005年04月05日 14時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTアドバンステクノロジ(以下NTT-AT)は4月4日、RFカードとの併用を可能にした指紋認証入退室管理/出退勤管理システム「AT-600FP」を発売すると発表した。発売日は4月5日。

 この製品は、入退室管理/出退勤管理を行う指紋認証装置「AT-500FP」の上位機種。TCP/IPに標準対応しているため、ネットワークを利用して各種ソリューションとの連動が可能だ。

 以前の製品と比較して、指紋認証の制度の強化を図り1:nの認証が300人で平均1秒で行えるという高速化を実現している。また、オプションによりRFカードリーダの内蔵が可能で、RFカードと指紋認証を併用したシステムを構築することができる。

 価格はそれぞれ税込みで「AT-600FP」本体が39万9000円から。サーバソフトウェアが36万7000円からとなっている。

NTTアドバンステクノロジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?