OSS推進フォーラム、OSS利用者向けTCO解説資料を公開

エースラッシュ 2005年04月05日 14時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本OSS推進フォーラムは4月4日、OSS利用者がTCOの観点でプラットフォーム選択を行うことを支援する解説資料「オープンソースソフトウェアのTCOガイド Ver1.0」を公開した。

 オープンソースソフトウェア(以下OSS)はTCOの削減につながるという観点で注目を集めている。しかし従来のTCO関連資料は複雑かつ発表者によって観点が違うため混乱が出やすかった。その状況を鑑み、日本OSS推進フォーラムのビジネス推進ワーキンググループが作成したのがこの資料だ。

 対象は情報システム部門の責任者や期間担当者といったOSS利用者自身と、彼らに情報提供などを行うベンダー、システムインテグレータの提案責任者や技術者となっている。

 資料の内容は、TCO評価項目の整理や、TCO評価への提案、TCO評価項目詳細など。PDF形式で公開されており、日本OSS推進フォーラムのウェブサイトで確認することが可能だ。

日本OSS推進フォーラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!