レッドハット、Linuxカーネル2.6採用のRHEL 4を国内で発売

ニューズフロント 2005年04月05日 14時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドハットは4月5日、Linuxカーネル2.6採用の企業向けOS「Red Hat Enterprise Linux 4」の国内販売を開始すると発表した。同社では「旧版との高い互換性を維持しながら、サーバのパフォーマンスやスケーラビリティを向上させた」としている。2005年4月中旬に出荷を開始する予定。

 SELinuxを実装するなど、「特に高度なセキュリティ機能に重点を置いて開発した」(同社)。また、Non-Uniform Memory Architecture(NUMA)に対応し、データストレージサブシステムのスケーラビリティ/パフォーマンス向上など、数多くの改良を施したという。

 対応ハードウェアアーキテクチャは、64ビットインテルXeonおよびインテルItanium、AMD64、IBM POWER、IBM zSeries、IBM S/390、その他x86システム。

 旧版と同じく、サブスクリプション形式で提供する。現行Red Hat Enterprise Linux契約ユーザーは、管理サービスであるRed Hat Networkを通じて無償バージョンアップが可能。各バージョンの概要とサブスクリプション価格は以下の通り。

  • Red Hat Enterprise Linux AS:
    大規模環境向けのハイエンドサーバ。Standard(20万7900円)とPremium(34万6500円)の2種類
  • Red Hat Enterprise Linux ES:
    ファイルサーバ、電子メールサーバ、ウェブサーバ向け。Standard(10万4790円)のみ
  • Red Hat Enterprise Linux WS:
    Linuxパワーユーザー向けで、画像処理やソフトウェア開発、設計などでの利用を想定。Standard(4万1790円)のみ
  • Red Hat Desktop:
    クライアントユーザー向けOS。エンタイトル数50のExtension Pack(48万900円)のみ

レッドハットのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化