HPが大規模サーバでRed Hat Enterprise Linuxのサポートを開始

日川佳三(編集部) 2005年04月05日 17時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは6月、同社が出荷する最大128CPU構成の大規模サーバ「HP Integrity Superdome」でLinuxのサポートを始める。レッドハットが4月中旬に出荷する「Red Hat Enterprise Linux 4」のサポートを始めるほか、レッドハット社内に日本ヒューレット・パッカード選任のサポート担当者を配備する。

 Linuxを正式にサポートすることで、ユーザーがSuperdome上で利用可能なOSは3種類に増える。同社のUnixであるHP-UX、MicrosostのWindows、Red Hat Enterprise Linuxである。1台のSuperdomeを物理/論理パーティショニングして複数台のサーバとして使い、3種類のOSを混在させる運用が可能になる。

 Superdomeが搭載するCPUは2種類ある。同社のRISCプロセッサであるPA-RISC「PA-8800」と、米Intelと同社(米Hewlett-Packard)が共同開発したPA-RISC互換・後継CPUの「Itanium 2」だ。PA-8800とItanium 2を1台の筐体に混在させることも可能である。チップセットなど多くの周辺部品がPA-RISCとItanium 2で共通のものを使う。

 製品戦術上は、次期版の「PA-8900」でPA-RISCの開発を中止し、以後はItanium 2に一本化する。同社のサーバは従来、ハイエンド向けにPA-RISCを搭載する「HP-9000」と、エントリ向けにItanium 2を搭載する「Integrity」という住み分けをしていた。今回Linuxサポートを表明した筐体のSuperdomeも、2000年当初はHP-9000 SuperdomeとしてPA-RISCとHP-UXに限定した機種だった。

 Itanium 2はRISCの置き換えを狙ったCPUだが、Itanium 2を市場に投入した当初はエントリ層などRISCよりも幅広い層を狙っていた。ところが、32ビットのx86系CPUとの互換性がなかったため、64ビット拡張版のXeonやAMD64がItanium 2の代わりにエントリ市場の主流となった。これにより、Itanium 2はハイエンド市場のRISCを置き換えるものとしての性格が一層強くなってきている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR