HPが大規模サーバでRed Hat Enterprise Linuxのサポートを開始

日川佳三(編集部) 2005年04月05日 17時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは6月、同社が出荷する最大128CPU構成の大規模サーバ「HP Integrity Superdome」でLinuxのサポートを始める。レッドハットが4月中旬に出荷する「Red Hat Enterprise Linux 4」のサポートを始めるほか、レッドハット社内に日本ヒューレット・パッカード選任のサポート担当者を配備する。

 Linuxを正式にサポートすることで、ユーザーがSuperdome上で利用可能なOSは3種類に増える。同社のUnixであるHP-UX、MicrosostのWindows、Red Hat Enterprise Linuxである。1台のSuperdomeを物理/論理パーティショニングして複数台のサーバとして使い、3種類のOSを混在させる運用が可能になる。

 Superdomeが搭載するCPUは2種類ある。同社のRISCプロセッサであるPA-RISC「PA-8800」と、米Intelと同社(米Hewlett-Packard)が共同開発したPA-RISC互換・後継CPUの「Itanium 2」だ。PA-8800とItanium 2を1台の筐体に混在させることも可能である。チップセットなど多くの周辺部品がPA-RISCとItanium 2で共通のものを使う。

 製品戦術上は、次期版の「PA-8900」でPA-RISCの開発を中止し、以後はItanium 2に一本化する。同社のサーバは従来、ハイエンド向けにPA-RISCを搭載する「HP-9000」と、エントリ向けにItanium 2を搭載する「Integrity」という住み分けをしていた。今回Linuxサポートを表明した筐体のSuperdomeも、2000年当初はHP-9000 SuperdomeとしてPA-RISCとHP-UXに限定した機種だった。

 Itanium 2はRISCの置き換えを狙ったCPUだが、Itanium 2を市場に投入した当初はエントリ層などRISCよりも幅広い層を狙っていた。ところが、32ビットのx86系CPUとの互換性がなかったため、64ビット拡張版のXeonやAMD64がItanium 2の代わりにエントリ市場の主流となった。これにより、Itanium 2はハイエンド市場のRISCを置き換えるものとしての性格が一層強くなってきている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化