SAP、旧ピープルソフト顧客を狙ったサービスプログラムを拡大

Dawn Kawamoto(CNET News.com) 2005年04月05日 19時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 業務アプリケーション大手のSAPとOracleが米国市場で熾烈な覇権争いを繰り広げるなか、SAPが、旧PeopleSoftの顧客をOracleから奪取することを狙った「Safe Passage Program」の取り組みを拡大した。

 SAPは新しいSafe Passage Programの下、米国内で旧J.D. EdwardsまたはPeopleSoftのアプリケーションを利用するOracleの顧客に対し、割引価格で保守サービスを提供するという。同プログラムの対象は当初、J.D. EdwardsやPeopleSoftの製品を利用する企業のうち、SAPのソフトウェアも利用する顧客に限られていた。

 2005年1月にOracleがPeopleSoftを103億ドルで買収したことを受け、OracleとSAPのマーケットシェア争いは熾烈化している。Oracleは、PeopleSoftの買収により、世界第2位のビジネスアプリケーションベンダーになった。SAPは依然として、首位の座を守っている。

 「PeopleSoftとJ.D. Edwardsの顧客は、これまで投資してきたソフトウェアが(Oracleによって)計画的に旧式化される危機に直面している。この点が、Oracleによる買収という嵐を切り抜けなくてはならないユーザーにとって大きな懸念事項となっている」とSAP AmericaのCEO、Bill McDermottは声明のなかで述べている。

 SAPは3月に、小売業向けソフトウェアベンダーRetekの買収を巡ってOracleと激しい争奪戦を展開した。この戦いに勝ったのは、より高い買収金額を提示したOracleだった。SAPが同様のキャンペーンを旧Retekの顧客を対象に実施するか否かは、現在のところ明らかにされていない。

 この件に関して、現在のところOracleからコメントは得られていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR