ドリコムとオーシャンブリッジ、社内情報共有分野で提携

藤本京子(編集部) 2005年04月05日 21時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブログ関連のソリューションプロバイダーであるドリコムと、海外製ソフトウェアの販売や技術サポートなどを行うオーシャンブリッジは4月4日、業務提携した。両社の製品を共同で販売すると共に、ブログと文書共有システムを連携させた企業内ナレッジマネジメントソリューションを提供する。

 今回の業務提携で両社はまず、ドリコムの提供する社内ブログ構築のためのパッケージソリューション「ドリコムブログオフィス」と、米Informative Graphicsが開発し、オーシャンブリッジが販売するブラウザ上でのファイル閲覧が可能な文書共有システム「Net-It Central」の双方を、それぞれが販売代理店となって共同販売する。また、両製品の強みを活かしたナレッジマネジメントソリューションを提供する予定だ。

 両社は、「ドリコムブログオフィスによる社員やグループ間でのノウハウや情報の共有(暗黙知の共有)と、Net-It Centralによる各種文書の共有(形式知の共有)を同時に行うことで、暗黙知と形式知の両方を効率的に蓄積して有効活用できるようになる。これにより、従来のグループウェアや文書管理システム、電子メールよりも包括的なナレッジマネジメントが可能となる」としている。

 共同販売は同日より開始する。共同ソリューションは、両社製品を併用し、機能を連携させる方式で提供するが、「将来的には新規製品の共同開発も視野に入れている」(ドリコム)としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR