VA LinuxがLinux障害解析/カーネル修正サービスをメニュー化

日川佳三(編集部) 2005年04月05日 20時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxカーネル開発を中心とするソフト開発と技術コンサルティングを手がけるVA Linux Systems Japanは4月5日、SIベンダーなどLinuxシステムの開発者向けに、Linuxの障害解析/修正サービス「VA Quest(Linuxカーネル障害解析サービス)」を開始した。価格は月額25万円から。

 従来は個別に対応してきたサービスだが、今回新たにサービスをメニュー化してユーザーから利用しやすくした。メニューは管理対象となるLinux機の台数によって、シルバー、ゴールド、プラチナの3段階を用意。10台までのシルバーが月額25万円、40台までのゴールドが月額70万円、台数無制限のプラチナが月額150万円である。

 VA Questは、障害時にカーネルが出力したメモリダンプを分析して障害原因を特定し、回避方法の提案やLinuxカーネルのソース・コードの修正などを実施するサービス。カーネルのソースの修正はLinux OSに成熟したCプログラマでなければ難しい作業であり、SIベンダーやユーザー企業みずからが実施するのは敷居が高かった。

 今回VA Questの提供にあたり同社はカーネル解析ユニットを新設し、専任の解析要員を5人配置した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR