エストニア警察、フィッシング容疑で24歳男性を逮捕

Dan Ilett(ZDNet UK) 2005年04月05日 19時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 豪州『Sydney Morning Herald』紙の報道によると、欧州各国の利用者の銀行口座から大金を不正に入手したとして、エストニア警察が24歳のエストニア人男性を逮捕したという。逮捕された容疑者は、何百台ものコンピュータにトロイの木馬プログラムを仕掛け、コンピュータ所有者が入力するユーザー名やパスワードを取得していたという。欧州警察局のハイテク犯罪捜査チームは、容疑者が英国、エストニア、ドイツ、ラトビア、リトアニア、スペインに開設された銀行口座からお金を盗んだと見ている。

 容疑者は、銀行や投資会社などの正当な組織からの求人情報に見せかけた偽メールを何千人ものインターネットユーザーに送りつけて、トロイの木馬をばらまいたと見られる。偽メールには、ウェブサイトへのリンク記載されており、メール受信者がこれをクリックすると、使用しているコンピュータがトロイの木馬に感染するようになっていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!