CAが組織変更--システム管理とセキュリティに社内リソースを集約

Martin LaMonica (CNET News.com) 2005年04月06日 12時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Computer Associates International (CA)は米国時間5日、セキュリティとシステム管理ビジネスからより多くの利益を得ることを目的とした組織変更を行うと発表した。

 2月にCAのCEOに就任した元IBM幹部John Swainsonは、社員宛てのメモとウェブキャストを通じて、変更後の組織を従業員に発表する予定だ。

 新組織には、各事業部長の責任範囲を拡大する点、成長が著しい事業部をそのほかの製品領域から分離する点が含まれている。分離される事業部として、システム管理とセキュリティを担当する事業部が挙げられている。また、CAは、代理店販売の強化、中規模企業および消費者向け販売の効率化を目標に掲げている。

 Swainsonは、部分的にすでに開始されている今回の組織変更について、収入と利益の増加が見込まれる領域に社員などのリソースを集中させることが目的と語った。全社員に宛てたメモでは、これらの領域では他社の参入が増加し、競争が激化しているとSwainsonは述べた。

 Swainsonは、システム管理とセキュリティが「細分化された市場であり、他社との差別化や区別を望むなら、シェア8%しかない1位の座を他社と分け合っている場合ではない」と語った。

 CAにある5つの事業部の部長は、マーケティングや開発と共に、事業部の業績について責任を負うことになる。これまで事業部長レベルでの責任範囲は開発についてまでで、専任の営業スタッフを抱えていなかった。

 3月にCAに加わったNovell元CTOのAlan Nugentは、CAのシニアバイスプレジデントおよびEnterprise Systems Management部門のゼネラルマネージャへの就任が予定されている。セキュリティマネジメント部門は、Toby Weissが担当する。

 新たに設置された事業部としては、より洗練されたアプリケーション性能トラッキングのためのBusiness Service Optimization部門、CAのインフラ管理製品Unicenterとの連携が増すことになるStorage Management部門、そしてCA Products Group部門の3事業部がある。

 CA Products Groupは、メインフレーム用データベースなど成熟した製品を担当する。ここで扱われる製品は、CAの中心的な製品とは異なり、急速な成長は見込めない。

 Swainsonは、セキュリティやシステム管理だけでなく、ビジネスサービスオプティマイゼーション領域の技術買収を目指すつもりであると語った。また、これらの領域では、社内開発への投資も利益につながると述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化