FCC新委員長のK・マーティン:「引き続きハンド・オフ政策を」

Jim Hu (CNET News.com) 2005年04月06日 16時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)の委員長に就任したKevin Martinが、委員長として初めて公の場で講演を行った。そのなかで同氏は、通信業界の変革を促進するため、規制緩和を今後も奨励していくと述べた。

 National Cable & Telecommunications Association(NCTA)の年次総会の壇上でインタビューに応じたMartinは、米国で物議をかもしている、低俗なテレビ番組について言及し、批判的な態度を示した。Martinは、前任のMichael Powellよりも、メディアのモラルという問題に優先的に取り組むものと見られる。この問題についてMartinは、具体的な取り組みに着手したわけではないとしたうえで、不満を声高に叫ぶ国民が増えていることを考えると放置するわけにはいかないと述べた。同氏はまた、自らも防衛策を講じるよう国民に呼びかけた。

 Martinはステージの上でFox NewsのアンカーStuart Varneyのインタビューに応じながら、聴衆に向かって「この機会を利用して、視聴者や保護者たちに、メッセージを伝えたい」と述べた。

 Martinはわずか数分間のスピーチのなかで、米国のブロードバンド政策に関してFCCが担うべき役割について、自身の意見を簡潔に述べた。Martinは、プロバイダ同士が「同じ土俵」で競争できる「規制緩和された市場」を用意するという、前任のMichael Powellがとった政策を継続する意志を示した。

 Martinはスピーチ中、ケーブル業界がデジタル放送やHDV(High-Definition Video)、高速インターネットアクセス、電話サービスに対応するために、約950億ドルを投じてネットワークの高度化を図ったことを称賛した。この投資が奏功し、ケーブル業界は現在、米国ブロードバンド市場で最大のシェアを誇っている。

 米国の一般家庭におけるブロードバンド普及率が増加したのも、ケーブル業界による先の投資によるところが大きいと、Martinは述べた。

 「(ケーブル業界は)大きな発展を遂げた」(Martin)

 ケーブル業界は、FCCに借りもある。FCCは、通信業界の改善にあたり民間投資を奨励するため、「ハンド・オフ」政策を行ってきたからだ。このアプローチは一方では論議も巻き起こした。中でも、「Baby Bells」と呼ばれる地域電話会社は、自社のDSL線を競合他社と共有するよう法で義務付けられていることから、強い反感を示してきた。しかし、これらの規制の多くは現在、撤廃される方向に向かっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化