アドビ、PDF作成機能に絞った「Acrobat 7.0 Elements」を新発売

別井貴志(編集部) 2005年04月06日 17時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは4月6日、PDFの生成や編集、管理ソフトウェアであるAdobe Acrobat 7.0ファミリー製品に、新たに最廉価版の「Adobe Acrobat 7.0 Elements 日本語版パッケージ」を加え、4月22日から発売すると発表した。

 Acrobatファミリーには、最上位版でプロ向けの「Adobe Acrobat Professional」、一般ビジネスユーザー向けの「Adobe Acrobat Standard」が提供されている。今回のElementsは機能をPDFファイルの作成に絞り、これまで企業向けにライセンス販売(100ライセンス以上)するという形でのみ提供されてきた製品だ。同社では「日本では個人が店頭でパッケージソフトウェアを購入する比率が高いことから1本ごとの提供に変えた」と説明し、パッケージ販売に踏み切った。さらに、同社では初めてダウンロード販売も同時に開始する。

 単純にPDFを作成したいというニーズに対応し、1本ごとに購入できるように販売形態を柔軟にしたため、Elementsのターゲットは大企業から中小企業、SOHO事業者、個人など幅広い。これにより、事業規模よりも作業内容に合わせてAdobe Acrobat 7.0ファミリー製品を選択できるようになったので、選択次第では導入する際のコストを圧縮することも可能だろう。

 Elementsは、WordやExcel、PowerPointなどのOffice製品からワンクリックでPDFを生成できる。このほか、PDFに変換したいファイルをデスクトップにあるElementsのアイコン上にドラッグ&ドロップしたり、ファイルのアイコンを右クリックして「Adobe PDFへの変換」をクリックしたりすれば変換が可能だ。また、PDFファイル生成時にパスワードの設定や閲覧者による印刷、コピー、内容の変更などを許可するかどうか、セキュリティを設定することもできる。このほか、しおりや自動リンク生成、文書読み上げ指定などの機能もある。

 対応OSはWindows2000/XP。価格はパッケージ版が5145円、ダウンロード版が4900円。また、ElementsからStandardへのアップグレード価格は、パッケージ版が3万1290円、ダウンロード版が2万9800円で、アドビストアのみの提供となる。

Elementsを起動した状態。PDFに変換したいファイルを選択して、各種設定をすれば変換できる。変換方法はこのほかにも各種用意。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR